外国人が海外旅行中に「買い物で困ったこと」1位は?越境ECサイト調べ

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

BeeCruiseが越境EC「Buyee(バイイー)」の利用者を対象に「海外旅行および訪日旅行における消費行動と越境ECに関するアンケート」を実施しました。

35%以上の人が「訪日時に発見、購入した商品を帰国後に越境ECで購入したことがある」と回答するなど、ECサイトが旅アト消費を促す施策のひとつになっていることがわかりました。そのほかにも興味深い回答結果が得られています。

新規メルマガ会員募集中!今なら限定で【インバウン丼が売れるワケ】が分かる


1. 訪日観光客の消費行動と越境ECの関連性

「Buyee(バイイー)」はBEENOSグループが運営する越境EC で、東京商工リサーチが実施した調査において、国内越境ECにおける年間流通総額で1位を獲得しています。

BEENOSグループのひとつであるBeeCruiseが、「Buyee(バイイー)」の利用者749名に「訪日旅行と越境ECに関するアンケート」を実施しました。調査対象は海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」を利用している海外客749名(アメリカ、台湾、韓国、マレーシア、イギリス)となっています。

その結果、49.4%がECサイトを通じて知ったブランドの実店舗を旅行時に訪問した経験があることや、51.5%が商品の大きさや重さによって購入を断念するなど、旅行中の消費に影響していることが明らかとなりました。

ECサイト経由で知った海外のブランドや販売店を海外旅行の際に実際に訪問したことはありますか?
▲「ECサイト経由で知った海外のブランドや販売店を海外旅行の際に実際に訪問したことはありますか?」:BEENOS株式会社プレスリリースより


「海外旅行中に重い・大きい・その場で完成しない」など、値段以外の理由で商品購入を断念した経験
▲「海外旅行中に重い・大きい・その場で完成しない」など、値段以外の理由で商品購入を断念した経験がありますか:BEENOS株式会社プレスリリースより


外国人が海外旅行中に「買い物で困ったこと」1位は「商品のサイズが大きい」

「海外旅行中の買い物で困ったことはありますか?」という質問には、「サイズが大きい」(57.1%)、「重量が重い」(46.3%)、「帰りの飛行機で重量オーバーになった」(44.2%)といった回答が多く、大きさや重さに関する課題が大きいことが分かりました。

▲「海外旅行中の買い物で困ったことはありますか?」:BEENOS株式会社プレスリリースより

2022年6月以降に訪日した人は43%、1年以内に訪日を予定している人は67%と回答。訪日の目的として「買い物」が78.4%、「食文化を楽しむ」が76.2%と答えました。訪日旅行時の予算は10万円以上が50.7%で最も多い結果となりました。

▲「日本旅行のおもな目的は?」:BEENOS株式会社プレスリリースより

2. 旅アト消費の機会拡大 - 越境ECの今後の取り組みと可能性

「訪日時に発見した商品や、購入した商品を帰国後に越境ECで購入したことがある」という質問に「はい」と回答した人は35.4%。具体的には食品や化粧品などの消耗品のほか、書籍、カー用品、家電、アウトドア用品など持ち運びに難がある商品が挙げられました。

一方、「いいえ」と回答した人のうち28.8%が「その商品が越境ECで購入できるか分からなかった」と回答。また、「欲しい商品が越境ECに対応していなかった」と回答した人が14.9%もいることがわかりました。

合わせて40%以上の人が旅アトの購入の意志があったものの、越境ECの対応状況によって購入が叶わなかったことが確認されました。

経済産業省が調査したレポートによると、2021年に7,850億USドルと推計されていた世界の越境ECの市場規模は、2030年には7兆9,380億USドルにまで拡大すると予測されています。インバウンド消費を一過性のものにせず、最大化するためには越境ECを有効活用してみるのもひとつの手かもしれません。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

BEENOS株式会社プレスリリース:越境ECを利用する海外のお客様749名に聞いた、海外・訪日旅行の消費行動と越境EC利用に関するアンケート
BEENOS株式会社プレスリリース:BEENOSが、越境EC 流通総額 No.1を獲得
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課:令和4年度 電子商取引に関する市場調査 報告書

訪日ラボオススメ記事

インバウンド市場の最新動向がわかるオススメの記事をご紹介します。

話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ


SNSで話題を集める「インバウン丼」。1食約7,000円と、驚くような価格の海鮮丼が飛ぶように売れているといいます。

なぜ、これだけ強気な価格でも売れるのでしょうか。

今知っておきたい「インバウンド」情報について、専門家が解説するコンテンツをお届けします。

→ 記事を見てみる:話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに