エコツーリズムとは、自然環境や文化、歴史を対象とした観光によって環境保全や持続可能性について考えるためのきっかけを作る観光促進の形です。 

エコツーリズムという言葉は、日本では2003年のエコツーリズム推進法より用いられており、元々途上国における経済振興の手段として発案されたものでした。 

エコツーリズム推進法では、環境保全や環境教育に重点を置きながら、地域ごとの自然環境や文化を活かした観光振興を目指すとともに、地域振興や地方創生へとつなげていくことを目指しています。 

市域の約7割を森林が占める埼玉県飯能市では、地域の人々が一体となって自然や森林を守っていくことを掲げた森林文化都市宣言と併せて、エコツーリズムの推進に取り組んでおり、国内有数のエコツーリズム都市となっています。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください