消費者が必要としている海外の商品を代理で購入し、販売する「購入代行」を商売にする人を指します。

ソーシャルバイヤーは、一般消費者の代理で海外の製品を購入し、購入手数料を上乗せして販売することで利益を上げています。いわゆる「転売屋」とも言えます。

2015年の新語・流行語大賞に選ばれた「爆買い」は、訪日中国人観光客によるものが多いものの、ソーシャルバイヤーによる転売目的の人も多くいたといわれています。

詳しくはこちら



 

役にたったら
いいね!してください