交流人口とは、当該地域を訪れた人々の数を指します。

その地域に訪れる人のことであり、訪れる目的としては観光に関わらず、通勤者やレジャー、ショッピングなど様々なものが挙げられます。

観光客やショッピング客、地域滞在者、二地域居住者などの交流人口拡大は、定住人口が減少している地域での人口減少緩和につながるため、地域活性化の働きが期待されています。

交流人口に対し似たような言葉として、当該地域に住民票を移している「定住人口」や、積極的に地域とかかわりを持つ意思のある「関係人口」があります。

 

役にたったら
いいね!してください