関係人口とは、地域と多様な関わり方を継続的に行う人のことです。

当該地域に住民票をもつ定住人口と、観光などでの訪問のみにとどまる交流人口の間の人々で、積極的に当該地域に関わりを持つものの在住していない人々を指します。

若者を中心とし、その地域に変化を生み出す人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。

総務省では2018年より、「関係人口創出・拡大事業」を展開しており、複数のモデル事業を採択しています。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください