2019年1月7日に「国際観光旅客税」いわゆる「出国税」が導入され、1回の出国につき1,000円が徴収されます。2才児未満と乗り継ぎ客、荒天や予期せぬ事情によって緊急着陸した場合を除く全ての出国者が対象になります。

出国税は本人が直接支払うのではなく、航空券やツアーを購入した際の料金に上乗せされるようになっています。観光目的・ビジネス目的にかかわらず上記以外の人はすべて対象になります。

出国税が導入された背景として、国税庁は「観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保する為」と提示しています。出国税は海外でも行なっている国は多く、日本では観光関連の予算に充てるとしています。

政府が発表している出国税の使い道は以下の通りです。

  1. ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備
  2. 我が国の多様な魅力に関する情報の入手の容易化
  3. 地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください