この記事は約5分で読み終わります。

2016年の訪日外国人観光客数は、史上最多となる2,400万人を記録しました。

2016年3月30日に開催された「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」では、2020年までに訪日外国人観光客数を4,000万人、インバウンド消費額を約8兆円まで引き上げるとの目標も掲げられています。

この目標を達成するためには、日本の魅力を効果的に海外に発信していくことが重要であると提唱されており、このような背景から日本国内の企業・自治体に向けたPRサービスが日本国内で続々とリリースされています。

株式会社シングラでも、企業および自治体の訪日外国人観光客へのPR活動を支援するためのサービスを提供しています。

 

シングラ、インバウンド向け動画制作サービスMOVAND(モバンド)を提供。

株式会社シングラは、2016年5月9日より、インバウンド向け動画制作サービス「MOVAND(モバンド)」を提供しています。

MOVAND(モバンド)とは?:パッケージ型動画制作サービス

「MOVAND(モバンド)」とは、インバウンド誘致を検討している企業や自治体に向けたパッケージ型インバウンド動画制作サービス。それぞれのニーズに合わせた海外へのPR動画の作成を代行してくれます。

「MOVAND(モバンド)」は、企業や自治体の「魅力を引き出す」「新しい価値を創造する」ことを目標にしており、心を動かす動画制作に取り組むサービスとして「Spirited Perspective(気鋭の視点)」がコンセプトにしています。

上記動画からも把握できるように、日本の魅力、日本らしさを存分に体感できる動画の作り方・クオリティになっています。

 

動画制作・マーケティング、プロモーションにおいて多種多様な特徴が

[動画制作]動画作成のプロフェッショナルが作成を代行:最新技術の活用も可

パッケージ型インバウンド動画制作サービスMOVAND(モバンド)の動画制作に関する主な特徴は下記の4つ。

  1. ヒヤリングと独自開発の「オリエンテーションシート」の活用による最適な動画クリエイターと制作会社を提案
  2. 海外の広告賞受賞歴等をもつ「気鋭の動画クリエイター」による企画、演出
  3. 広告業界で活躍していた「プロデューサー」「制作会社」による対応
  4. 360度、4Kドローン、GoPro、CG、インフォグラフィックなど最新技術の活用

独自のオリエンテーションシートと徹底したヒアリングをもとに、PR動画作成のプロフェッショナルが最新技術を駆使して、動画作成にあたります。

[マーケティング・プロモーション]:ターゲットへの的確なリーチが可能に

マーケティング・プロモーションに関する主な特徴は下記の3つ。

  1. 海外の最新動画トレンドのリサーチを実施
  2. 1000名以上の留学生ネットワークによるネイティブ視点でターゲットとなる外国人の思考・行動を把握
  3. 対象国に応じた最適なSNS、インフルエンサーの活用

同サービスを活用することで、ターゲットにしたい訪日外国人観光客の出身国に合ったプロモーションが可能になります。

近年のインターネット環境の整備、写真や文章の数千倍以上とも言われる情報量の多さ、多言語化の容易さから、動画コンテンツはインバウンド向けのPR方法として知られ、あらゆる業種のインバウンド対策に活用が進んでおり、ネット上でもいくつかの海外PR成功事例が確認できます。

<関連記事>

 

動画PRはインバウンドと相性が良い!?国内ではいくつかの成功事例が

[動画PR例①]大分県別府市による 温泉一体型テーマパーク 3日間で100万回再生を記録

大分県別府市がYouTube上に公開した動画「100万再生で本当にやります!別府市・湯~園地計画!」が世界的な人気を集めています。

100万回再生されたら、動画内で描かれた温泉一体型テーマパークを実現する」というタイトルを読んで分かるとおりの内容なのですが、公開からわずか3日間で目標を達成。

動画には、世界各国から多数のコメントが寄せられ、海外のメディアにも取り上げられるほどの反響を呼びました。

<関連記事>

[動画PR例②]ドイツ人動画作家・VINCENT URBAN氏による訪日PR動画:日本の魅力を紹介

日本政府観光局は、イギリス、フランス、ドイツなど欧州15カ国を対象とした訪日観光を促進するキャンペーン「JAPAN―Where tradition meets the future」を開始しました。

PR動画内では、東京都、京都府を中心とした人気スポットが動画で紹介されています。

動画制作を担当したのは親日家のドイツ人動画作家・Vincent Urban(ヴィンセント・アーバン)氏。欧米人の視点から見た日本文化の魅力を動画内で紹介しています。

日本の良さを再確認できるような素晴らしい仕上がりになっており、動画の再生回数も2016年12月31日現在で、722,017回を記録。公開してから1カ月ほどで50件ものコメントが世界各国の視聴者から寄せられており、大きな反響が伺えます。

<関連記事>

[動画PR例③]澤の屋旅館:旅館の魅力を海外にアピール

「澤の屋旅館」は、東京の下町・谷中に位置する訪日外国人観光客に人気の宿です。宿泊客の90%以上が、欧米圏からの訪日外国人観光客となっており、インバウンド受け入れを開始した1982年から2015年までで、90か国の地域の延べ17万7035人の訪日外国人観光客を受け入れてきました。

ホームページ上では、澤の屋旅館」を紹介する動画が載せられています。

動画中では今まで宿泊した訪日外国人観光客の声や、「澤の屋旅館」の訪日外国人観光客へのおもてなし、下町風情溢れる谷中周辺の風景が紹介されており、訪日外国人観光客が視覚的に「澤の屋旅館」を体験できるような作りになっています。

海外に向けた旅館のPR動画が、澤の屋旅館の人気の一助となっていることが予測できます。

<関連記事>

 

まとめ:動画PRはインバウンド対策として有効:訪日客誘致を検討する企業・自治体は活用の検討を

動画PRを通じた海外への情報発信は、日本国内で広く普及しており、訪日外国人観光客誘致・集客に有効なアプローチの一つとなっています。

今回ご紹介したパッケージ型インバウンド動画制作サービスMOVAND(モバンド)を活用することで、海外に魅力を存分に発信することができます。

<参照>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…