この記事は約8分で読み終わります。

2017年1月のインバウンド市場は、訪日外客数が229.6万人で前年同月比24%増となり、1月として過去最高を記録しました。中華圏の国や地域を中心に訪日外客数が増加。これは春節(旧正月)が昨年2月始めスタートだったのに対し、今年2017年は1月末からスタートだったことが後押しした模様。

それでは、2017年1月の各国のインバウンド市場の状況と、前月2016年12月に行われた各国インバウンド市場向けビジット・ジャパン関連プロモーションを見ていきましょう

<2016年12月のまとめはこちら>

<2016年のまとめはこちら>

 

2017年1月までの全国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの全国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの全国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の全国籍の訪日外客数は229.6万人(前年同月比24%増)となり、昨年1月の185.2万人を44万人以上上回って過去最高を記録しました。この背景にあるのは、インバウンド市場のなかでの重要市場である中華圏の訪日客増。

中国をはじめとした中華圏の国や地域で最大の旅行シーズンである春節(旧正月)が、今年は1月末にスタートだったことが最大の要因と考えられます。昨年2016年は2月はじめにスタートでしたので、今年は春節に喚起されたインバウンド需要が1月にずれ込み。これによって、例年以上の伸び率を見せる結果となりました。

 

2017年1月までの中国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの中国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの中国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の中国インバウンド市場では、前年同月比32.7%増の約63.1万人で、1月として過去最高を記録しました。昨年は2月初頭からスタートした春節(旧正月)の休暇が、今年2017年は1月末スタートになったことにより、春節によるインバウンド需要が1月に増加したことが要因として考えられます。

前月2016年12月の中国向けインバウンドプロモーション活動は?

中国インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、中国大手旅行会社と連携した訪日旅行商品販促キャンペーンを実施。中国市場において定番化しすぎてしまったゴールデンルート以外の旅程の30商品を対象に、旅行商品購入者へのノベルティ提供などを行い、訪日需要の喚起を図りました。

 

2017年1月までの台湾籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの台湾籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの台湾籍インバウンド外客数推移

2017年1月の台湾インバウンド市場では、前年同月比9.3%増の約35.1万人で、1月として過去最高を記録しました。中国同様、春節(旧正月)に喚起されたインバウンド需要が1月にずれ込んだものの、昨年の大手航空会社トランスアジア航空の解散による伴うツアーキャンセルによって1桁台に伸び悩んだ結果となりました。

前月2016年12月の台湾向けインバウンドプロモーション活動は?

台湾インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、台湾人気歌手A-Lin氏を招聘し、日本の中国地方での旅行内容を紹介するショートムービーを制作し、広告として活用。A-Lin氏の新曲発表に併せてPVも中国地方で撮影するなど、マス向けのインフルエンサーマーケティング様のプロモーションを展開しました。

 

2017年1月までの香港籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの香港籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの香港籍インバウンド外客数推移

2017年1月の香港インバウンド市場は、18.6万人で前年同月比が主要インバウンド市場のなかで最も高い48.4%増を記録。1月として過去最高を記録しました。香港でも中国同様、春節(旧正月)に喚起されたインバウンド需要が1月にずれ込んだことで大幅増を果たしたほか、航空便増便により、航空座席供給量が2割増加したことなども後押しした模様。

前月2016年12月の香港向けインバウンドプロモーション活動は?

香港インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、歴史的背景から香港では認知されているクリスマスシーズンを活用したプロモーションを展開。Visit Japanの香港向けFacebookページで、各地のイルミネーションの情報を掲載しました。特に北海道五稜郭の五稜星の形がみえる「夢イルミネーション」はいいね数2,346件を獲得し、Facebook上で広くリーチした模様。

 

2017年1月までの韓国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの韓国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの韓国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の韓国インバウンド市場は、前年同月比21.5%増の約62.5万人で、単月として過去最高を記録しました。韓国も旧正月休暇があり、中華圏とは違って「ソルラル」と呼ばれています。こちらも1月にずれ込んだことに寄って、1月のインバウンド需要が喚起されました。

前月2016年12月の韓国向けインバウンドプロモーション活動は?

韓国インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、海外旅行商品の購入プラットフォーム「TMON(チケットモンスター)」とのタイアップを展開。LCC路線の就航先を中心とした地方都市を紹介する特設ページを「TMON」上に開設し、地方を中心に訪日需要を促進しました。

 

2017年1月までのタイ国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのタイ国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのタイ国籍インバウンド外客数推移

2017年1月のタイインバウンド市場は、前年同月比6.7%増の約6.5万人で、1月として過去最高という結果に。昨年10月のタイ国王プミポン氏の崩御をうけて自粛期間に1月の旅行商品の販売時期が当たってしまい、旅行需要全体が押し下げられたものの、前年を上回る結果となりました。

前月2016年12月のタイ向けインバウンドプロモーション活動は?

タイインバウンド市場向けの12月のプロモーションは、九州地方の認知度向上&旅行商品の販促を目的として、「くまモン」などを起用した広告を展開。また、富裕層・中間層向けに、現地旅行会社と共同で、新聞やオンラインメディアなどに広告を出稿するなどをし、プミポン国王崩御によるインバウンド需要減退を食い止めました。

 

2017年1月までの米国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの米国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの米国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の米国インバウンド市場は、前年同月比16.2%増の約8.8万人で、1月として過去最高を記録しました。例年、欧米圏はクリスマス休暇後となる1月は海外旅行のオフシーズンとなるものの、大手メディアで日本が取り上げられるなどでの露出増加がインバウンド需要を後押しした結果に。

前月2016年12月米国向けインバウンドプロモーション活動は?

米国インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、12月上旬にラスベガスで開催された富裕層向けの旅行会社コンソーシアムである「Signature Travel Network」の年次総会にビジットジャパンが参加。BtoBでの商談会も開催され、現地旅行会社などとの商談が活発的に行われました。

 

2017年1月までのカナダ籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのカナダ籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのカナダ籍インバウンド外客数推移

2017年1月のカナダインバウンド市場は、前年同月比27.8%増の2,3万人で、1月として過去最高を記録しました。カナダにおいても春節(旧正月)の影響があり、1月にずれた春節が中華系カナダ人のインバウンド需要を喚起した格好に。

前月2016年12月のカナダ向けインバウンドプロモーション活動は?

カナダインバウンド市場向けの12月のプロモーションは、JNTOの現地事務所がニュースレターを5000人に送付。10月に大幅に訪日カナダ人観光客が増加したことや、新規ホテル開業などの情報を提供し、訪日需要の喚起を図りました。また、ウィンタースポーツ需要の増加のため、オンライン広告を展開しはじめました。

 

2017年1月までの英国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの英国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までの英国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の英国インバウンド市場は、前年同月比18.1%増の約2.1万人で、1月として過去最高を記録しました。米国同様、クリスマス休暇後の1月は海外旅行オフシーズンとなりがちですが、訪日旅行の割高イメージを払拭するためOTA(オンライントラベルエージェント)や航空会社と連携して実施した価格訴求型の広告が功を奏し、インバウンド需要を押し上げたものと見られます。

前月2016年12月のイギリス向けインバウンドプロモーション活動は?

英国インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、前述のOTA(オンライントラベルエージェント)との連携広告が主たるものです。Expediaと連携し、ウェブサイト内に特設ページを構え、北海道や沖縄、中部などの地方を中心とした訪日旅行商品をリーズナブルな価格を訴求する格好で展開しました。

 

2017年1月までのオーストラリア国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのオーストラリア国籍インバウンド外客数推移

2017年1月までのオーストラリア国籍インバウンド外客数推移

2017年1月の豪州インバウンド市場は、前年同月比9.0%増の約6.1万人で、単月として過去最高を記録しました。ウィンタースポーツを目的とするインバウンド需要が増加していることや、新規就航便の増加などが後押しする格好に。

前月2016年12月のオーストラリア向けインバウンドプロモーション活動は?

豪州インバウンド市場向けの12月のプロモーションは、豪州メディアやインフルエンサーを瀬戸内地域に招聘し四国の観光コンテンツを体験・取材してもらうファムトリップを開催。そのほか、シドニーで開催された日本文化イベント「MATSURI JAPAN FESTIVAL」にビジット・ジャパンブースを出展し、2000人を超える来客があるなどの大盛況を博しました。

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…