この記事は約2分で読み終わります。

体験やサービスで得られる満足感を重視する「コト消費」傾向が強いことが訪日米国人観光客の特徴です。訪日米国人観光客に人気のある体験スポットを調べてみると、やはり日本でしか体験できないようなところばかりとなっています。

<関連>

 

訪日米国人観光客は「和」を体験したがっている

訪日米国人観光客は日本の和のテイストを好みます。日本文化の体験は、方に米国人観光客の36.6%が日本旅行の目的としており、実施率は49.0%、そして満足度は45.2%となっています。それでは、訪日米国人観光客が好んでいる和のテイストの体験スポットはどこなのでしょうか。

足が痺れても体験したい日本文化 茶道

その1つが「お茶」です。訪日米国人観光客の中には、茶道の雰囲気を体験したい人が少なくありません。訪日米国人観光客が苦手とする正座を我慢して、茶室で本格的な茶道の作法を習っているようです。訪日米国人観光客は、お点前の順序より、茶道の一つ一つの所作に意味のあるところに関心を寄せているとのことです。

 

ハリウッド映画に登場する侍や忍者は訪日米国人観光客に人気

日本が世界に誇れる文化のひとつに、侍、忍者があります。タランティーノ監督の映画『キル・ビル』やトム・クルーズ主演『ラスト サムライ』に代表されるような、刀をつかったアクションが見せ場となっているハリウッド映画に影響を受けています。そんな訪日米国人観光客が1度は訪れたいと思う人気の体験スポットは、どこなのでしょうか。

侍に少しでも近づき、殺陣も体験できる人気教室

大阪で殺陣体験ができる日本殺陣道協会の侍体験コース「Quick SAMURAI Experience」が人気を集めています。ただ単に刀を振り回すだけでなく、細かい所作から稽古まで付けてもらえます。また、実際に侍の格好の着付けも体験できるとあり、1年間で32カ国から1000名以上が参加するほどの人気を得ています。

 

日本の京都で訪日米国人が体験する禅

訪日米国人観光客に依然として高い人気を集める京都。禅は世界的に有名で、京都で体験する訪日米国人観光客は少なくありません。

僧侶が英語で案内する座禅コースが訪日米国人観光客に人気

京都の春光院では訪日米国人観光客のための座禅体験コースを設けています。この春光院では僧侶自身が英語で座禅コースを案内しており人気となっています。訪日米国人観光客のみならず、多くの訪日外国人観光客が座禅を体験しています。

 

まとめ:訪日米国人観光客は五感で日本を楽しんでいる

人気のある体験スポットはこの他にも多く存在していますが、訪日米国人観光客が訪れるスポットの共通点として挙げられるのが、日本文化が感じられるということです。茶道もチャンバラも座禅などを通じて、訪日米国人観光客は日本の文化を五感で体験しているのです。

<参照>

訪日米国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…