命や信仰に関わる情報をアイコンでわかりやすく表示 インバウンド対策としてすぐ導入できる「食品ピクトグラム」3選まとめ

飲食店などがインバウンド対応をする上で重要になってくる事はいくつかありますが、人種や宗教が異なる訪日外国人観光客の場合、宗教戒律上「食べてはいけないもの」がある方、ベジタリアン、食物アレルギーを持っているなど「食べられないもの」がある方もいるということを、インバウンド対策として知っておく必要があります。

そうした方に向けて、オーダーの際に細かく確認をすることはもちろん必要ですが、メニューにわかりやすくどんな食材を使用しているかを表示出来れば、飲食店側にも訪日外国人観光客側にもメリットがあります。

 

食品ピクトグラムとは:絵記号をつかって食材をわかりやすく表示

そうした声を受けて生まれたのが「食品ピクトグラム」です。上記のような「食べてはいけない」「食べられないもの」を絵記号(絵文字、アイコン)でわかりやすく示しています。

こうした絵記号(絵文字、アイコン)でメニューに表示があれば、日本語がわからない訪日外国人観光客であっても「このメニューにはこの食材が使われているためオーダーしないほうが良い」「このメニューにはこの食材が使われていないから、安心してオーダーできる」という事がすぐに把握出来ます。

 

特定非営利活動法人インターナショクナルが提供する食品ピクトグラム「フードピクト」



特定非営利活動法人インターナショクナルのフードピクト
特定非営利活動法人インターナショクナルが提供する食品ピクトグラム「フードピクト」

URL:http://www.foodpict.com/concept

特定非営利活動法人インターナショクナルが公開している特定原材料7品目(小麦・卵・乳・そば・落花生・エビ・カニ)を含む14品目の食品ピクトグラム。成田国際空港、関西国際空港などの空港の他、立山黒部アルペンルートなどの観光地を初めとする全国1300箇所で導入されています。

利用するにはデザイン使用権である「ライセンス利用申請」を行い、店側で「原材料調査と表示準備」を行います。ライセンスの契約は1店舗ごとに月額500円となっており、契約期間は12ヶ月単位となります。さらに特定非営利活動法人インターナショクナルでは、様々な食文化の基礎知識やフードピクトの利用方法に関する基礎研修も行っており、多様な食文化の啓蒙活動にも力を入れています。

 

東京都の多言語メニュー作成支援ウェブサイトが提供する食品ピクトグラム



東京都の多言語メニュー作成支援ウェブサイトが提供する食品ピクトグラム
東京都の多言語メニュー作成支援ウェブサイトが提供する食品ピクトグラム

URL:http://www.menu-tokyo.jp/menu/pictogram/

東京都が管理・運営を行う無料のメニュー支援サイトの中で、「おもてなしツール」として紹介されているもの。特定原材料7品目(小麦・卵・乳・そば・落花生・エビ・カニ)に加えて特定の宗教の戒律に配慮した品目として、うなぎ、いか、たこなども含めて35項目のピクトグラムとなっています。

東京都の飲食関連事業者であれば、同サイトを利用して13種類の言語からメニューに表示したい言語を最大5言語まで選んで無料でメニューを作成することが出来ます。こちらのサイトからメニューを作成すると、作成時に選択した食品ピクトグラムがメニューにそのまま適用された状態で完成します。

 

札幌市オリジナルの食品ピクトグラム「アレルギー原因食品(アレルゲン)ピクトグラム」



札幌市オリジナルの食品ピクトグラム「アレルギー原因食品(アレルゲン)ピクトグラム」
札幌市オリジナルの食品ピクトグラム「アレルギー原因食品(アレルゲン)ピクトグラム」

URL:http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/shoku/shokumachi/allerpict.html

札幌市が札幌市立大学の協力により作成したオリジナルの食品ピクトグラム。食品表示法により、加工食品に表示義務のある特定原材料7品目(小麦・卵・乳・そば・落花生・エビ・カニ)に加えて、表示が推奨されている特定原材料に準ずる20品目(いか、いくら、くるみ、山芋など)を加えた、合計27品目のピクトグラム。

要綱で定める目的のために使用する場合であれば、札幌市内以外であっても営利、非営利を問わず無料で使えるというのが一番の特徴です。1都市規模でこうしたピクトグラムを準備をしているのは、訪日外国人観光客が多数訪れ札幌市ならではと言えるでしょう。

まとめ

インバウンド向けにわかりやすいメニューの作成、特定原材料7品目をわかりやすく表示したメニューを作成したいと思っている飲食関連事業者にとって、こうした食品ピクトグラムは大きな助けとなるでしょう。今回ご紹介した中には無料のものも存在しますので、是非お役立てください。

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

飲食店のインバウンド対策として知っておきたい「食物アレルギー」と「食品ピクトグラム」

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

【7/10〜7/16】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:城崎温泉のインバウンド対策成功例など

訪日ラボ編集部  

【すべて無料】飲食店の料理メニューを多言語化できるサイトまとめ13選:コストを抑えて始めるインバウンド対応

訪日ラボ編集部  

旅館・ホテルなど宿泊施設のインバウンド対応ToDoリスト32項目まとめ:チェックリストPDFダウンロードできます

訪日ラボ編集部  

おもてなし心溢れる商品・サービスを発掘し、国内外に発信するプロジェクト「OMOTENASHI Selection 2017」第2期 商品部門に全国各地から31商品(金賞11商品/受賞20商品)が受賞!

訪日ラボ編集部  

テレビ電話で通訳をお願いできるサービス「J-TALK」:「ひとり旅」×「訪日外国人観光客の地方訪問」増加により通訳サービスには大きな可能性

訪日ラボ編集部  

アサヒ「飲食店おもてなしヒントブック」から学ぶ飲食店インバウンド対策③料理・接客編

訪日ラボ編集部  

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに。

訪日ラボ編集部  

ゼロから始めるインバウンド対策:まず始めるべき4つのインバウンド対応実践 飲食編

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!