日本初のスマートホステル『&AND HOSTEL』がKDDIと共同でマルチタッチディスプレイで観光情報を発信する訪日外国人向け実証実験を開始

日本初のスマートホステル『&AND HOSTEL』がKDDIと共同でマルチタッチディスプレイで観光情報を発信する訪日外国人向け実証実験を開始

〜生体認証を組み合わせた「次世代観光体験」を目指した取り組み〜

[and factory株式会社]

and factory株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:小原崇幹 以下「and factory」)は、同社がプロデュースする日本初のIoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」ASAKUSA NORTH店にて、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司 以下「KDDI」)と共同で2017年4月よりマルチタッチディスプレイで観光情報を発信する訪日外国人向け実証実験を開始します。



この度の実証実験では、スマートホステル&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH店内に、近隣の観光情報が表示されたマルチタッチディスプレイを設置します。画面上に表示された観光地や名産品に触れることで詳細情報が分かります。期間中に、時間帯ごとに選択された観光地や名産品の回数を計測することで、訪日外国人の更なる観光の魅力化に向けて活用していきます。

なお、今後and factory とKDDIと共同で、ホテルのフロントなどで生体情報等を登録することで、その宿泊者の国籍、性別、年代に合わせた近隣の観光情報を大型タッチディスプレイに配信する「次世代観光体験」の取り組みについても検討を進めていきます。この取り組みにより、情報提供側の一方通行なコンテンツ提供ではなく、個々人に合わせた最適かつインタラクティブなコンテンツ提供が可能となり、ストレスフリーで先進的な『情報発信』により周辺施設への効果的な『送客』及び施設間の『回遊』と、訪日外国人に立ち寄って頂ける魅力的な観光地の実現を目指します。

【実証実験概要】

実施場所:&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH(東京都台東区日本堤2-4-7)
実施時期:平成29年4月〜平成30年3月

【&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH 概要】

住所:東京都台東区日本堤2-4-7
交通:東京メトロ日比谷線「南千住」駅徒歩6分、「三ノ輪駅」徒歩8分
面積:212.79平米
定員:36名
客室:Dormitory3,000円 / TwinRoom8,000円 / IoT SemiDouble 7,500円 / IoT TwinRoom 8,500円
公式WEBサイト : https://andhostel.jp/asakusanorth

【&AND HOSTELとは】

「&AND HOSTEL」は、最先端IoTデバイスを1ヶ所に集結させた「日本初のスマートホステル」です。本施設は近未来のIoTルームを設置することにより部屋自体がエンターテイメント空間となり、宿泊体験を観光目的の一つとしてお楽しみ頂ける内容となっています。

また、「&AND HOSTEL」は単なる宿泊施設としてだけではなく、以下の3つの価値を創造する日本初のユニークな《場》となっています。

1 日本のIoT技術力を世界へ発信するプレゼンテーションの場
2 IoTデバイスの技術開発/実証実験の場
3 IoTプラットフォーム構築の研究/改善の場

※&AND HOSTELはand factory株式会社の商標または登録商標です。
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
and factory株式会社 担当:石田
電話:03-6712-7646
FAX:03-6712-7647
メールアドレス:ishida@andfactory.co.jp

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!