株式会社KADOKAWAとWILLER株式会社が移動とカルチャーの融合を目指し提携を開始 当社グループ会社、株式会社クールジャパントラベルへの出資に合意

株式会社KADOKAWAとWILLER株式会社が移動とカルチャーの融合を目指し提携を開始 当社グループ会社、株式会社クールジャパントラベルへの出資に合意

[株式会社KADOKAWA]

株式会社KADOKAWA(東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹 以下KADOKAWA)は、来る2020年の「ところざわサクラタウン」(仮称)開業に向け、WILLER株式会社(大阪府大阪市、代表取締役:村瀨茂高 以下WILLER)との間で、移動とカルチャーの融合を目的とした提携を開始いたします。本提携における具体的な取り組みとして、当社連結子会社である株式会社角川アスキー総合研究所(東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦)は、同社子会社である株式会社クールジャパントラベル(東京都文京区、代表取締役社長:福田正)へのWILLERによる出資に本日付で合意いたしました。当社が持つコンテンツの価値とWILLERが持つ付加価値交通の創出力を組み合わせることで、インバウンド顧客を中心に、今までにないエンタテインメント性の高い二次交通網を活用した特別な旅行体験を提供していくことを目指します。

■「ところざわサクラタウン」ゲートウェイ構想

当社と所沢市が共同で推進する「COOL JAPAN FOREST構想」。その中核をなす2020年に所沢市に開業予定の「ところざわサクラタウン」(仮称)を日本のコンテンツツーリズムにおける広域観光のゲートウェイとすべく、各主要空港、各エリアのアニメ聖地および観光地との路線網を両社で構築。「ところざわサクラタウン」の理念のひとつである“行動する文化”の実現を目指します。

■アニメツーリズム商品の共同開発

株式会社クールジャパントラベルを中心に、アニメ作品の魅力を形にし、聖地での特別体験を提供する旅行商品(作品公式ツアーなど)を企画・販売して参ります。また、WILLERが持つ車両・移動サービス開発力を生かして、移動しながらコンテンツの魅力を楽しめる「エンタテインメント体験型交通」を創出していく予定です。

■両社の資産を合わせて移動をエンタテインメントに

当社が保有する数多くのコンテンツおよびクロスメディア展開のノウハウ、Walkerブランド媒体を中心とした地域情報データベース、海外拠点ネットワークなどと、WILLERが保有する国内外の路線網や優良な顧客基盤を組み合わせ、旅行における移動を単なる移動で終わらせないための各種サービスを開発予定です。移動とエンタテインメントと観光情報を組み合わせたサービスや、インバウンド顧客の会員化による移動サービスの充実、イベント型交通の企画など、新しい「移動の価値」を両社で生み出してまいります。

なお、本件の詳細につきましては、下記に記載のWILLER主催の発表会「NEXT WILLER」内の一部にて、改めてご紹介させていただく予定です。

■出資の内容

 株式会社クールジャパントラベルが以下の要領で第三者割当増資を行います。  【発行株式数】2,800株
 【発行価額】1株あたり金50,000円
 【発行価額の合計】1億4,000万円
 【払込期日】平成29年6月30日
 【割当先と割当株式数】
  株式会社角川アスキー総合研究所:2,000株
  WILLER株式会社:800株

■株式会社クールジャパントラベル 会社概要

 【商号】株式会社クールジャパントラベル
 【所在地】東京都文京区西片1-17-8
 【代表者】代表取締役社長 福田正
 【事業内容】旅行企画および旅行業法に基づく旅行業ほか
 【資本金】1,800万円
 【設立年月日】平成29年2月24日
 【株主と持株比率】株式会社角川アスキー総合研究所(100%)
 ※増資後の資本金および株主とその持株比率は以下の通りです。

 【増資後の資本金】8,800万円
 【増資後の株主と持株比率】
  株式会社角川アスキー総合研究所(75%)
  WILLER株式会社(25%)

■WILLER株式会社 会社概要

 【商号】WILLER株式会社
 【所在地】大阪府大阪市北区大淀中 1-1-88
 【代表者】代表取締役 村瀨茂高
 【事業内容】移動マーケティング事業
 【設立年月日】平成17年6月9日

■NEXT WILLER(WILLER株式会社主催の発表会)

 【日時】:6月12日(月)13:00~15:00(受付12:15)
 【場所】:東京都渋谷区恵比寿1-20-8 EBIS303イベントホール
 【お問合せ先】:WILLER株式会社 広報06-6123-7250 担当 本田
 【参加申込】:https://questant.jp/q/press(締切:6月11日19時)

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

100万人の訪日外国人が実施する「聖地巡礼」とは? アニメの力で地方にもインバウンド需要を

「聖地巡礼」という俗語をご存知でしょうか?もともとは宗教上の聖地や霊場などを参拝して回ることを意味します。有名なものでは、イスラム教において人生のうち、1度はメッカを訪れなければならないとされている「ハッジ」ではないでしょうか。しかしながら、現在ではその「聖地巡礼」の原義から転じて『アニメや漫画などの舞台やモデルとなった場所や縁のある場所を「聖地」と呼び、その「聖地」を訪れる』という意味がメジャーとなってきています。いまやインバウンド需要においても重要な要素となりつつある、この意味...

Favicon訪日ラボ

 

長野・岐阜でインバウンド需要3倍増見込み!? 映画「君の名は。」が海外でも大躍進

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。[blogcardurl=https://honichi.com/10361] 映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響「君の名は。」は新海誠監督の長編アニメーション映画です。日本では2016年8月26日に公...

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人の聖地巡礼を促進!「アニメツーリズム協会」が発足 アニメの聖地88カ所を選定へ

ドラマや映画、アニメ・漫画のロケ地やモデルとなった土地を訪問する「ロケツーリズム」。そのなかでもアニメや漫画のモデル地となった場所を訪問し、アニメ内と同じアングルで写真をとったり、その世界に入りこんだような感覚を楽しんだりすることを特に「聖地巡礼」といいます。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/10361]先日9月16日、アニメ・漫画の舞台やモデルになった「聖地」を認定し、アニメや漫画を通じて訪日外国人観光客誘致や地域の観光活性化を...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!