100万人の訪日客が「聖地巡礼」を実施…「クール・ジャパン」はインバウンド地方誘致・地方創生の切り札となるか?全国の地方自治体が取り組む漫画・アニメを活用した新しい観光のかたち

より多くの訪日外国人観光客を誘致するために、地域の観光資源を発掘し海外に発信している日本国内の自治体が数多く存在 しています。

観光資源といってもさまざまですが、最近では漫画やアニメの舞台となった地域の自治体が、そのマンガやアニメのファンの「聖地巡礼」を促すなど、日本が世界に誇ることができるソフトパワーである「漫画・アニメ」を活用したインバウンド地方誘致・地方活性化が注目を集めています。 埼玉県秩父郡横瀬町でも同様の取り組みを行っています。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

埼玉県秩父郡横瀬町でコスプレイベントを実施:写真撮影が快適に楽しめることから今年は300人超が来訪

埼玉県秩父郡横瀬町では、2015年6月から 参加者がアニメや漫画のキャラクターに変身するコスプレイベントが開催されています。 当初は、横瀬町観光・産業振興協会などが主催していましたが、現在は民間の撮影スタジオ「ブーティ(Booty)」が同コスプレイベントを主催しています。

2015年に放送された人気アニメ「心が叫びたがっているんだ。」などの秩父市を舞台にした作品に、横瀬駅や大慈寺など、横瀬町の風景が多く登場することから、「聖地巡礼」の場所としても知られおり、それに伴ってコスプレイベントも開催されているとのこと。 参加者は、自然やお気に入りの風景をバックに写真撮影を楽しむことができ、今年6月には 300人を超える参加者が集まっています。

海外でも日本の漫画やアニメのキャラクターに扮するコスプレは人気となっており、 本場日本の実際にモチーフとなった地域を背景にコスプレを楽しめるとなれば、多くの訪日外国人観光客を呼び込むことができる として、観光資源の乏しい地方などの地方誘致・地方創生の着火剤として注目を集めています。

マンガを活用したインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

日本国内では、他にも埼玉県秩父郡横瀬町の取り組みのように「漫画・アニメ」を活用したインバウンド誘致・地方活性化への取り組みが行われています。

埼玉県久喜市:「らき☆すた」の聖地巡礼で経済効果は22億円

昨今の 「聖地巡礼」の火付け役とも言われるアニメ「らき☆すた」 では、久喜市の鷲宮神社がその舞台として登場 しています。 同地には多くのファンが押し寄せ、 放送開始の翌年2008年正月には、鷲宮神社の参拝者は前年比で倍以上、17万人増の30万人が訪れるほどの人気を博しました。

自治体としても「らき☆すた」関連のグッズ販売やスタンプラリーの実施、インバウンド向けには英語のパンフレットも用意 するなど国内外から多くの観光客を誘致するためにさまざまな取り組みを行いました。

このように漫画・アニメを活用したコスプレイベントの実施や、聖地巡礼などのインバウンド誘致策は、近年注目を集めています。 訪日外国人観光客にとっても、マンガやアニメのような日本独自のコンテンツが絡んだ観光はとても関心が高いものであるようです。

2016年には約100万人が聖地巡礼をしていた!満足度も90%を記録

訪日外国人が今回したこと・次回したいこと&訪日旅行中に満足した事項:観光庁「消費動向調査」より

訪日外国人が今回したこと・次回したいこと&訪日旅行中に満足した事項:観光庁「消費動向調査」より

観光庁より発行されている「訪日外国人消費動向調査」では、訪日外国人観光客のうち、どれくらいの人が「聖地巡礼」を期待しているのか、または実際に行ったのかを調査しています。

2016年(平成28年)の年間値の推計のデータによると、訪日外国人観光客の4.8%が「聖地巡礼」(「訪日外国人消費動向調査」では「映画・アニメ縁の地を訪問」と表記)を訪日旅行中に行っています。そして、11%が次回の訪日旅行で「聖地巡礼」を行いたいとしています。

2016年(平成28年)の訪日外客数は、およそ2,400万人でした。ということは、およそ96万人の訪日外国人観光客が実際に「聖地巡礼」をし、また264万人は、次回「聖地巡礼」をしたいと回答しているということになります。

また、実際に 「聖地巡礼」をした訪日外国人観光客のうち、90.0%が「満足した」と回答 しています。これは観光庁が調査する 20項目のうち3位 と上位にランクインする満足度となっています。

まとめ:漫画・アニメを活用した新しい観光のかたちにこれからも注目しよう

国内で漫画やアニメを活用したインバウンド誘致には、今回の 埼玉県秩父郡横瀬町のコスプレイベントの開催や、埼玉県久喜市での聖地巡礼ブームなどいくつかの成功例が見られました。

実際に多くの訪日外国人観光客は、漫画・アニメが絡んだ新しいかたちの観光に対して大きな関心がある ことが光庁の資料から把握でき、日本のアニメコンテンツを活かしたインバウンド誘致にはこれからも大きな可能性があるといえるでしょう。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

<関連>

訪日外国人の聖地巡礼を促進!「アニメツーリズム協会」が発足 アニメの聖地88カ所を選定へ

ドラマや映画、アニメ・漫画のロケ地やモデルとなった土地を訪問する「ロケツーリズム」。そのなかでもアニメや漫画のモデル地となった場所を訪問し、アニメ内と同じアングルで写真をとったり、その世界に入りこんだような感覚を楽しんだりすることを特に「聖地巡礼」といいます。<関連記事>先日9月16日、アニメ・漫画の舞台やモデルになった「聖地」を認定し、アニメや漫画を通じて訪日外国人観光客誘致や地域の観光活性化を図る「一般社団法人アニメツーリズム協会」が発足しました。目次アニメツーリズム協会とは?「聖地」...

【地方誘致】廃校の観光利用 こんなに活用事例があったの知っていました?聖地巡礼編

 昨年12月、国土交通省は空き家になった古民家や住宅を地域資源と捉え、観光振興などを目的とした用途変更に柔軟に対応する方針を明らかにしました。インバウンド需要が高まり、主要観光地での宿泊施設が不足するほどである一方で、地方でのインバウンド誘致が進んでいなかった課題を是正する案として、古民家の活用に注目があつまります。また、同様の地方の抱える問題として、加速する少子高齢化があります。これによって地方では廃校が続出。しかしながら、この廃校になった校舎を観光に活用する動きが活発になってきています...

長野・岐阜でインバウンド需要3倍増見込み!? 映画「君の名は。」が海外でも大躍進

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。 目次映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響「君の名は。」の海外での公開状況:11月以降、主要訪日国で次々と公開「君の名は。」の海外での躍進:米映画賞受賞、中国では新記録インバウンドビジネスへの影響は?昨年は100万人弱の訪日外国人...

<参照> - AFP:動画:「コスプレ」で狙う地方活性化、300人が秩父に集結 - 観光庁平成28年 訪日外国人の消費動向

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!