JTB中部と愛知銀行は「東海エリアと東北エリアとの交流」を基軸とした地方創生への取り組みに関する連携協定を締結

JTB中部と愛知銀行は「東海エリアと東北エリアとの交流」を基軸とした地方創生への取り組みに関する連携協定を締結

[株式会社JTB]

株式会社JTB中部(社長 松本 博)は、株式会社愛知銀行(頭取 矢澤 勝幸)と「東海エリアと東北エリアとの交流」を基軸とした地方創生への取り組みに関し、愛知県内地方銀行との間では初めてとなる連携協定を締結することとなりました。
株式会社愛知銀行がこれまで「愛銀ビジネス商談会」等を通じて実施してきた、東海エリアと東北エリアとの企業間のビジネスの場における交流に加え、両エリアの経営者どうしの学びを通じた交流を当社との連携により実施するとともに、東北エリアへの募集型企画旅行を企画実施していく予定です。

また、JTBグループでは東日本大震災以降、主に首都圏において様々な被災地支援活動を行っております。今回の連携内容の中にもその要素を取り込むことにより、東海エリアにおける東北復興支援の一翼を担っていきたいと考えております。

1.目的
相互に緊密に連携しながら、双方の資源を有効に活用した協働による取り組みを推進することにより、地方創生活動に資すること及び東日本大震災の復興支援に資することを目的とする。

2.連携事項
(1) 魅力ある観光資源づくりに関すること
(2) 東海エリア、東北エリアの両地域のブランド力の向上の関すること
(3) 観光による地域経済活性化に関すること
(4) マーケット別観光誘客及び新たなマーケットに関すること
(5) 地域社会の活性化・住民サービスの向上に関すること
(6) その他、地方創生への取り組みに関すること

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!