バーチャルYouTuberが訪日観光大使に任命!?180万人のチャンネル登録者数を誇る「キズナアイ」に見るアニメコンテンツの可能性とは?

2018年3月、日本政府観光局(JNTO)のニューヨーク事務所は、バーチャルYouTuber「キズナアイ」を訪日観光大使として起用することを発表しました。今回の日本政府観光局(JNTO)取り組みの背景の裏側にはいったい何があるのでしょうか。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客の資料を無料でダウンロードする

「キズナアイ」とは?180万人のチャンネル登録者数を誇るバーチャルYouTuber

「キズナアイ(Kizuna AI)」とは、日本のバーチャルYouTuberです。3DCGによるキャラクターアニメーションを「A.I.Channel」と「A.I.Games」の2つのYouTubeチャンネルにて配信しています。チャンネル登録者数は「A.I.Channel」で136万人、「A.I.Games」で52万人となっており、海外からも大きな人気を集めています。キズナアイ(Kizuna AI)は、バーチャルYouTuber界をけん引する存在として有名です。

JNTOがバーチャルYouTuber「キズナアイ」を訪日観光大使として起用

日本政府観光局(JNTO)は、この「キズナアイ(Kizuna AI)」を訪日観光大使として起用。「キズナアイ(Kizuna AI)」が、日本の食や文化、技術などを紹介する動画をYouTubeにアップロードするようになります。音声はあくまで日本語中心となっており、英語の字幕が付け加えられるかたちになります。

今回の取り組みに併せて、訪日観光PRサイト「Come To Japan」も開設しています。バーチャルYouTuberを観光大使に任命するのは世界初であり、日本政府観光局(JNTO)の取り組みはインバウンド業界で大きな注目を集めています。今回の取り組みの背景にはなにがあるのでしょうか。

人気アニメ「Kanon」の影響でアメリカでは「たい焼きブーム」が訪れた過去も!アニメはクールジャパンのメインコンテンツに

日本政府観光局(JNTO)のプレスリリースでは、今回の取り組みの意図に関して、

SNSやユーチューブ等を活用しウェブ上で情報拡散することで、ミレニアル世代と呼ばれる若い世代を中心に幅広い層の一般米国人への訪日意欲を喚起し、訪日旅行需要の拡大を目指します。

と説明。バーチャルYoutuber「キズナアイ(Kizuna AI)」を通じて、ミレニアル世代を中心としたアメリカ人向けに訪日旅行をPRしていくことが把握できます。アメリカでは日本のアニメが大きな人気を集めており、以前の記事でもご紹介したように、2006年にBS-i(現BS-TBS)にて全24話で放映されたテレビアニメ「Kanon」のヒロインキャラクター「宮月 あゆ」の大好物が「たい焼き」であったことから、アメリカでたい焼きブームが訪れたといった事例も存在しています。

アニメが流行ればたいやき屋が儲かる?日本アニメの影響 米国でたい焼きが大流行

インバウンドビジネスにおいては、訪日外国人観光客に何が売れるのか、何が流行っているのかを掴むことは非常に重要です。訪日外国人観光客の日本グッズブームの中には、企業が意図してプロモーションしたものもあれば、SNSなどでの拡散で自然発生的に生まれたもの、または全く想像のつかないところから発生することもあります。例えば訪日タイ人観光客の間でアシックスのスニーカーブランド「オニツカタイガー」が流行したのは、若かりし頃の故・プミポン国王の着用写真がSNSで拡散したことがその発端と言われています。この...

アニメは、クールジャパンの代表的なコンテンツとして知られています。日本のメディアコンテンツのプロモーションを手掛ける株式会社ヒューマンメディアのレポートによれば、「ポケモン」68カ国、「クレヨンしんちゃん」46カ国で放送され、日本製アニメの海外市場規模は2,000億円、日本製マンガは1,200億円と推計されています。今回の、日本政府観光局(JNTO)が、バーチャルYoutuber「キズナアイ(Kizuna AI)」を訪日旅行観光大使に任命された背景には、海外でのアニメ人気が存在していることが把握できます。

注目を集めるバーチャルYouTuber「キズナアイ」 新たなインバウンド層誘致に一躍買うか

日本政府観光局(JNTO)のニューヨーク事務所は、バーチャルYouTuber「キズナアイ」を訪日観光大使として起用することを発表。訪日観光PRサイト「Come To Japan」も開設し、ミレニアル世代を中心としたアメリカ人向けに訪日旅行をPRしていくとのこと。世界中に多くのファンを持つ日本のアニメは、訪日旅行をPRするにはうってつけの存在です。日本政府観光局(JNTO)が、バーチャルYouTuber「キズナアイ」の活用が、今後、新たなインバウンド層誘致に一役買うことができるのかに注目です。

100万人の訪日外国人が実施する「聖地巡礼」とは? アニメの力で地方にもインバウンド需要を

「聖地巡礼」という俗語をご存知でしょうか?もともとは宗教上の聖地や霊場などを参拝して回ることを意味します。有名なものでは、イスラム教において人生のうち、1度はメッカを訪れなければならないとされている「ハッジ」ではないでしょうか。しかしながら、現在ではその「聖地巡礼」の原義から転じて『アニメや漫画などの舞台やモデルとなった場所や縁のある場所を「聖地」と呼び、その「聖地」を訪れる』という意味がメジャーとなってきています。いまやインバウンド需要においても重要な要素となりつつある、この意味での「聖...

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客の資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSを活用したプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサーマーケティング」の資料を無料でダウンロードする

「広告プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!