インバウンドで人気急上昇の旅行先トップ5「宮城県」が1位に:利便性と知名度がカギ?

航空券の予約状況は?

スカイスキャナージャパン株式会社は7月31日、「2018年夏休み 訪日旅行で人気急上昇の旅行先トップ5」を発表しています。航空券の予約状況によると、宮城県が伸び率を伸ばしています。

2018年夏休み 訪日旅行で人気急上昇の旅行先トップ5

2018年夏休み 訪日旅行で人気急上昇の旅行先トップ5

航路の充実性で「宮城県」がトップに!

同調査は、2018年7月15日〜8月31日の海外発・日本着のスカイスキャナーの予約状況を前年同期間と比較しながら、都道府県ごとに伸び率をランキング化したものです。

それによると、1位は「宮城県」で伸び率は267.2%、2位が「岡山県」で218.1%、3位が「広島県」で146.9%。また4位は「香川県」144.2%、5位「北海道」115.1%となっています。

宮城県は、仙台空港の民営化により周航路に広がりを見せたことが大きな要因とみています。特に台湾在住の利用者による予約が最も多く、昨年同期比で約4倍という伸び率です。

宮城県では2020年までに、東アジアを中心に訪日客50万人泊を目指し取り組んでいます。

観光スポットは岡山県・広島県

2位の岡山県は前年同期で比べると伸び率は約3.2倍で、こちらも大きな増加です。特に観光スポットの人気が高まっています。3位の広島県は認知度も高く世界文化遺産を2つ有していることなどがあげられています。

4位の香川県は高松空港の定期便運行により、香港在住の予約が多く、5位の北海道でも、新千歳空港の予約が2.2倍に伸びています。

(画像はスカイスキャナージャパン公式Webサイトより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

スカイスキャナージャパンのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000013429.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!