スマート観光推進機構「関西のインバウンド観光を見つめ直す」観光シンポジウムを開催

場所ごとに訪日外国人数に違い 発展につなげる観光シンポジウム

関西をエリアとした観光振興に資するため設立されたスマート観光推進機構が、「関西のインバウンド観光を見つめ直す」をテーマに、大阪で観光シンポジウムを開催すると、8月22日に発表しました。

大阪は訪日外国人の増加による経済効果を上げ、京都はオーバーツーリズムの現象が起きている地域もある中、神戸は訪日外国人数が比較的伸びない傾向にあります。双方向に連携し合うことの重要性を認識することで、関西全体の発展を図っていくシンポジウムとなります。

観光シンポジウム

観光シンポジウム

関西観光本部の事務局長が基調講演 事例報告なども行う

同シンポジウムは8月29日の13時30分から16時30分まで、大阪大学中之島センター・佐治敬三メモリアルホールで開催されます。参加費用は1,000円ですが、スマート観光推進機構及び、関西ベンチャー学会の会員は無料となります。

関西観光本部の事務局長が、「オール関西でインバウンド誘客を!」というテーマで基調講演を行うほか、「インバウンド向けサイクリング」に関する事例報告、そしてパネルディスカッションなども予定されています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

スマート観光推進機構のプレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!