フランス「JAPAN EXPO 2018」現地レポート/漫画消費世界2位の「日本オタク」が集う祭典から フランス人に絶対に刺さるコンテンツを探る

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

今年で19回目を迎える日本と日本文化に恋する人たちが一堂に集結するイベント、JAPAN EXPO2018 が、今年もパリ郊外Paris-Nord Villepinte (パリ・ノールヴィルパント展示会場)にて7月5日~8日まで開催されました。来場者数延べ20万人を超えるこのイベントはマンガ、武道、ビデオゲーム、民芸、J-POPから伝統音楽までをカバーし、日本文化に関心を寄せる人にとっては見逃せないイベントになっています。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

700以上のブースがひしめく会場

▲会場入り口に貼られているポスター

▲会場入り口に貼られているポスター

▲会場入口付近。メインの入口は漫画セクションで、多くの来場者で賑わう

▲会場入口付近。メインの入口は漫画セクションで、多くの来場者で賑わう

25万人ほどの来場者を出迎えたのは700以上の出展者。BtoC向けの展示コスプレやビデオゲーム、マンガなどサブカルチャーのほか、県のプロモーションやJNTO(日本政府観光局)のブースなども並んでいました。日本旅行に興味ある来場者も多く、観光系のブースでは来場者の方も日本関連のパンフレットなどを手にしていました。

▲東京都のブース。最近では都道府県のブースも多く出展し、日本への観光誘致も盛ん

▲東京都のブース。最近では都道府県のブースも多く出展し、日本への観光誘致も盛ん

▲JNTO(日本政府観光局)のブース。飴細工師の方が日本の飴細工を披露。バックに日本の映像も流れ、来場者の関心を高めていた

▲JNTO(日本政府観光局)のブース。飴細工師の方が日本の飴細工を披露。バックに日本の映像も流れ、来場者の関心を高めていた

▲九州地方(九州地域戦略会議)のブース。日本旅行に興味のあるフランス人の方々はパンフレットなど資料をもらう姿も

▲九州地方(九州地域戦略会議)のブース。日本旅行に興味のあるフランス人の方々はパンフレットなど資料をもらう姿も

出展ジャンルによってエリアがきちんと分かれており、訪日観光エリアには日本語語学学校や、アニメやマンガではない日本関連の書籍ブースなどもありました。

やはり人気はアニメ?マンガ?今年の注目ブースは?

全体を通してアニメやマンガ、ゲーム系の企業が多く見受けられました。

アニメ「エヴァンゲリオン」のスタジオカラーブースでは新作アニメMVを上映するほか、2018年発売の最新画集を特典付きで販売していました。それに伴い「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライブも開催されました。

▲エヴァンゲリオンブース。摩砂雪監督による「残酷な天使のテーゼ」ミュージックビデオの上映やEVANGELION STOREからオリジナルグッズ販売し、来場者を魅了

▲エヴァンゲリオンブース。摩砂雪監督による「残酷な天使のテーゼ」ミュージックビデオの上映やEVANGELION STOREからオリジナルグッズ販売し、来場者を魅了

また、第71回カンヌ国際映画祭にて正式上映され、大きな注目を集めている細田守監督最新作「未来のミライ」のフランスでの劇場公開にあわせ、JAPAN EXPO内で「MAMORU HODODA FILM WORKS」(細田守監督作品特別展)も開催されていました。

細田守監督オフィシャルブース。細田守監督作品もフランスではかなり人気

細田守監督オフィシャルブース。細田守監督作品もフランスではかなり人気

伝統文化エリアでは、日本でも話題になったドラマ「陸王」の足袋などが注目される

日本注目伝統文化エリアでは、日本の伝統工芸、雑貨、書道、服飾雑貨などのクリエーターが出展していました。株式会社OTOGINOは、「Magic SAKURA」という水をかければいつでも日本の桜が楽しめる不思議な桜を紹介。ブースにも多くの人が集まっていました。ポップカルチャーだけではなく、桜などもフランス人に人気のようです。

▲マジック桜のブース。老若男女問わず興味を引いていた可愛らしい桜

マジック桜のブース。老若男女問わず興味を引いていた可愛らしい桜

また、今年はドラマ「陸王」でも有名になった足袋の産地、埼玉県行田市主催のファッションコンテストも開催されました。

一般社団法人 ジャパンプロモーションが主催するWABISABIパビリオンは、日本の伝統地域文化部門で最大規模の出展でした。出展物として手工芸品全般、着物や和小物などの服飾およびアクセサリー類の展示・販売のほか、伝統・地域文化に関わるパフォーマンスも行われていました。

▲日本の伝統文化や伝統工芸が集まったWABISABIセクション

▲日本の伝統文化や伝統工芸が集まったWABISABIセクション

▲習字や折紙など、様々な日本伝統工芸が楽しめるセクション

▲習字や折紙など、様々な日本伝統工芸が楽しめるセクション

最近では日本食文化も人気があり、WASHOKUエリアと称されたエリアでは和食のデモンストレーションや日本酒の試飲会なども楽しむことができました。フランス資本の日本食、お弁当、日本酒販売も盛んでした。

▲フランスから出展のお弁当屋さん、MABENTO。お昼時間近くには行列ができる

▲フランスから出展のお弁当屋さん、MABENTO。お昼時間近くには行列ができる

▲フランスからの出展のようですが、日本の方が運営しているONIGIRI‐YA。最近フランスではおにぎりも人気

▲フランスからの出展のようですが、日本の方が運営しているONIGIRI‐YA。最近フランスではおにぎりも人気

▲フランスで日本酒の卸業者をしているOSAKE。日本酒も少しずつフランスで浸透している

▲フランスで日本酒の卸業者をしているOSAKE。日本酒も少しずつフランスで浸透している

今年はピコ太郎にTRFも!音楽、パフォーマンス、トークショーとバラエティに富んだイベント

JAPANEXPO内には15か所以上のイベント会場があり、各会場にそれぞれイチゴ、ユズ、タケ、スミレ、サクラ、カラスなど日本ならではの名称がついています。来場者は日本語も覚えることができ、面白いなと思いました。

会場ごとにコンサート、カンファレンス、デモンストレーション、サイン会などが開催され、主要人数4,000人のステージや800席ある伝統文化披露のステージでは多くの人が詰めかけました。パフォーマーとしての招待出演だけではなく、出展者としての参加も可能です。

今年は延べ500時間以上にも及ぶサイン会や日仏外交160周年記念特別イベントや、アニメカウボーイビバップの20周年イベント、故高畑功氏を偲び、ネコライトオーケストラによる高畑氏の制作映画の音楽コンサートも開催。特別招待でデビュー25周年のTRFコンサートやスペシャルゲス・ピコ太郎のショーなど、目白押しでした。

▲日本の浅草から出展されている東京力車のイケメン「俥夫」の方々

▲日本の浅草から出展されている東京力車のイケメン「俥夫」の方々

浅草で活躍する「俥夫」、東京力車の人力車体験や宝船による阿波踊りのパフォーマンスなど、日本の伝統文化を生で見られるステージや参加型イベントもあり、フランス人の方を魅了していました。

▲東京から参加の阿波踊りを主軸に、新たな日本芸能の可能性に挑む阿波踊りエンターテインメント集団・宝船。来場者の方も一緒にとっても賑わっていた

▲東京から参加の阿波踊りを主軸に、新たな日本芸能の可能性に挑む阿波踊りエンターテインメント集団・宝船。来場者の方も一緒にとっても賑わっていた

今年の夏パリ公演が決定したミュージカル「刀剣乱舞 阿津賀志山異聞」、そして=LOVE(イコールラブ)、BANZAI JAPAN、HELLO PROJECTなどの日本アイドルのコンサート、さらに日本のCrystal Lake、THE SIXTH LIE、 LUV K RAFTと言ったロックやパンク、岩佐美咲の演歌のライブも開催されていました。さらに、糸井重里氏のトークショーもあり、ポップカルチャー、伝統文化だけではなくバラエティに富んでいました。

BtoCだけじゃない、商談用BtoBイベント要素も

JAPAN EXPOは一般消費者向けのBtoCフェスティバルではなく、一般来場者に加え、多岐に渡る分野の業界関係者も来場するので、日本のコンテンツ市場の動向を知る重要な場所にもなっており、ビジネス専用エリア「BtoBセンター」も設置されています。

BtoBセンター内には会議室(木曜~土曜日開室)もあります。事前予約すると、現地企業とのアポイントメント場所として利用可能なので、毎年多くの商談やミーティングに利用されているそうです。

まとめ:ポップカルチャーだけではない!商談も盛んなJAPAN EXPO

来場者はコスプレをした若者も多く見かけますが、日本からの視察や、イギリス、ドイツ、イタリアなど隣国からの来場者も見かけ、やはり日本文化に特化したイベントとしては最大級のものだという印象でした。ジャパンカルチャーイベントと思われがちですが、最近では日本観光、日本伝統文化の紹介にも力を入れている のが分かります。来年20回目を迎えるJAPAN EXPO、節目の年はまた更に特別イベントや特別招待などが期待できます。

「JAPAN EXPO2018」イベント情報

イベント名 JAPAN EXPO(ジャパンエキスポ)2018
開催国・都市 フランス・パリ
開催日 2018年7月5日~8日
会場 パリ・ノールヴィルパント展示会場
対象 一般消費者、業者関係
来場者数 23万人(2017年、2016年。2018年の数字は未発表)

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに