人気急上昇中「インバウンド×レンタルキャンピングカー」の組み合わせ/大人数宿泊ができ、コスパに優れ、更に移動に困らないとメリット豊富

人気急上昇中「インバウンド×レンタルキャンピングカー」の組み合わせ/大人数宿泊ができ、コスパに優れ、更に移動に困らないとメリット豊富

訪日外国人観光客数は増加し続け、2018年には3000万人を突破するのではないかともいわれています。訪日客数が増える中、旅行形態も多様化しているようです。

その多様化の一端として、キャンピングカーでの旅行があります。近年キャンピングカーをレンタルして日本各地をめぐる旅行が訪日外国人の人気を集めているということです。

人気上昇中の「レンタルキャンピングカー旅行」にはどんな魅力があるのでしょうか?

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

なぜ今インバウンド×キャンピングカーなのか?

さて、存在自体は新しいものではないキャンピングカーですが、なぜ今訪日外国人に人気になっているのでしょうか?

今レンタルのキャンピングカーが訪日外国人に人気を集めている理由としては、

  • 日本のホテルに大人数が泊まれる部屋が少ないということ
  • 宿泊料金を抑えられるということ
  • 地方の観光地にも行きやすいということ

などが考えられます。

訪日外国人6割が3人以上で訪れているといわれますが、日本のホテルや旅館の部屋は2人用が中心です。家族連れの訪日客などは全員で同じ部屋に泊まりたいというニーズもあると思われますが、子どもが多いと部屋を別にせざるを得ないということもあります。

宿泊料金も、大人数で訪れた場合どうしても高くなってしまいます。理由の一つ目にも通じますが、大人数で泊まれる部屋が少ないと部屋をいくつかとることになり、負担が大きくなってしまいます。

大人数宿泊ができコスパの高いキャンピングカーのレンタカーに注目

その点レンタルのキャンピングカーは、適切な大きさのものを選べば全員で泊まることができ、相場もおおむね1日1万5000円、ハイシーズンでも1日2万5000円ほどなので、ホテルと比較すれば相当コストを抑えられます。

また、特に欧米豪の訪日客は、地方の比較的マイナーな観光地へのニーズも高いです。マイナーな観光地間を移動するとなったときも、キャンピングカーがあればバスの予約の手間が省ける上、時間を気にする必要がありません。

移動はキャンピングカーなので、ガソリン代を除けば実質交通費もレンタル料金に含まれるということになります。大人数で訪れた場合、新幹線などは人数分となるとかなり高くなってしまいますが、レンタルキャンピングカーは料金が人数分かかるということはないので、かなり割安になります。

このようにメリットが多く訪日外国人に支持されているレンタルキャンピングカー旅行ですが、現在これを後押しするための施策が全国各地で行われています。

全国で増えるキャンピングカー用停泊スペース/月2箇所ペースで新規オープン

メリットの多いキャンピングカーでの旅行ですが、そこで問題になるのは、停泊スペースです。道の駅やパーキングエリアなどは駐車場での宿泊を禁じているところも多く、キャンピングカーの利用者からは、以前から不便だという声が上がっていたようです。

しかし近年、キャンピングカーでの旅行需要が高まってきたこともあり、そんな利用者の声に答える動きが広まってきています。

日本RV協会は2012年から、RVパークと呼ばれるキャンピングカーなどアウトドア用の大型車を停めて車中泊ができる場所を全国に設置する取り組みを行っています。RVパークは全国に109か所あるということで(記事執筆時点)、現在はひと月に2つほどのRVパークがオープンしています。

キャンピングカー用停泊スペース「RVパーク」とは

RVパークでは、駐車場などの一画に一般的な駐車スペースよりも広い車中泊専用のエリアが設けられており、一週間程度滞在することもできます。

入浴施設が隣接しているところがほとんどで、トイレは24時間利用できるようになっています。有料ではありますが電源設備も用意されています。あくまでも停車スペースであるため火を使った調理はできませんが、ホットプレートなど電気を利用するものであれば使用することができます。

予約不要なところも多く、料金は1泊1000~2000円程度とかなり割安です。これは、宿泊料金よりも隣接施設の滞在費などで収益を上げることを重視しているためです。

最近は、RVパークを整備することでキャンピングカーでの旅行客を呼ぼうと自治体が取り組みを行っているところもあるようです。今後もRVパークの数は増えていきそうです。

まとめ:今後も高まりが期待されるレンタルキャンピングカー旅行需要

徐々に訪日外国人の人気を集めていっているレンタルキャンピングカー旅行ですが、日本RV協会の後押しにより停泊スペースの設置が全国で進む中、需要はさらに高まっていくと予想されます。これからホテル不足の深刻化が懸念されることもあり、レンタルキャンピングカー旅行は成長がかなり期待されます。

今まで国内でのキャンピングカー利用者は日本人が中心でしたが、この訪日外国人の需要の高まりの中ではレンタルキャンピングカー業界やRVパークにも外国人対応が求められます。レンタルキャンピングカー旅行を促進することは訪日外国人の地方誘致にもつながるので、業界や停泊施設と自治体が連携して対策を行えるとよいでしょう。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!