Fun Japan Communicationsが越境ECセミナーを開催

公開日:2018年11月01日

多言語多通貨に対応した越境ECサイトの構築方法などを学ぶ

インターネット等のネットワークを利用した情報提供サービス事業や、市場調査事業などを展開する株式会社Fun Japan Communications(以下、Fun Japan Communications)が、越境ECで海外進出を狙う事業者向けに越境ECセミナーを開催すると、10月23日に発表しました。

同社は11月16日の13時30分から16時50分にかけて、現地のリサーチからSNSによる情報配信方法、多言語・多通貨に対応した越境ECサイトの構築方法に加え、失敗例から成功例まで専門家が丁寧に教えるセミナーを、企業・自治体の海外展開をトータルサポートするコンソーシアム「越境の達人」の参画企業と合同で開催します。

越境ECセミナー

越境ECセミナー

セミナーは1部から4部までの構成 参加費用は無料

同セミナーは1部から4部までの構成となっており、Fun Japan Communications代表取締役社長の藤井大輔氏が、「各国のマーケット環境と嗜好性」というテーマで講演をするほか、トゥルーコンサルティング株式会社代表取締役社長の萱沼真吾氏が、「東南アジアECマーケットで1億を売る講座」も行う予定です。

会場はNHN JAPAN株式会社の本社セミナールームで、参加費用は無料、定員は20社(1社につき2名様まで)となっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Fun Japan Communicationsのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000025073.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!