日本のフルーツを簡単に自国へ持ち帰れるように/「検疫済みの旬のフルーツ」を関空国際線ゲート内で販売開始

インバウンドは手ぶらで観光

株式会社JTB(以下、JTB)は、12月3日(月)、関西国際空港第1ターミナル国際線ゲートエリア北側に、インバウンドに人気の日本産イチゴやブドウ、ミカンなど旬の果物を販売する店舗「J’s Agri Market(ジェイズアグリマーケット)」をオープンします。

昨年9月、JTBは、越境ECサイト「J’s Agri」を開設。香港、シンガポール、台湾等で、日本産農作物の海外直販を行っています。利用者にとっては、航空貨物便を利用した産地直送により、高い鮮度を保持した商品を受け取れるのがメリットです。

J’s Agri Market

J’s Agri Market

日本のフルーツを簡単に自国へ持ち帰り

「J’s Agri Market」は、帰国するインバウンドにとって利便性の高い店舗です。

インバウンドは、日本出国の7日前までに、越境ECサイト「J’s Agri」で好きな商品を購入。「J’s Agri Market」では、検疫済みの商品を受け取ることができるうえ、インバウンドは海外への輸送コストもかかりません。

農林水産省によれば、昨年の日本の農林水産物・食品輸出額は、5年連続で過去最高を更新。JTBは、越境ECサイト「J’s Agri」および空港店舗「J’s Agri Market」の運営を通じ、日本産農産物の輸出拡大とインバウンドのお土産消費拡大、ひいては地域振興に努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社JTB プレスリリース
https://www.jtbcorp.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。