地方のインバウンド動向を丸裸に/NECなど、大分の外国人観光客の動態を分析する実証実験を実施

観光客の一層の増加・リピート率向上を実現

2018年10月31日、日本電気株式会社(以下、NEC)、公益社団法人ツーリズムおおいた、および大分交通株式会社は、大分県 企画振興部 観光・地域局 観光・地域振興課の協力のもと、ICTを活用して訪日外国人観光客の動態を分析する実証実験(以下、同実証実験)を、2018年11月から2019年1月頃まで同県を中心に実施すると発表しました。

同県は2019年に開催される国際的スポーツイベントの開催都市の一つであり、試合開催時には、国内外から多数の観光客が来訪すると見込まれています。

訪日外国人動態分析サービス

訪日外国人動態分析サービス

実証実験の概要

同実証実験は、訪日外国人観光客の動態を把握することで、より良いおもてなしに向けた効果的かつ効率的な観光マーケティング施策を検討し、観光客の一層の増加とリピート率向上の実現を目指すとのことです。

同実証実験では、NECプラットフォームズ株式会社の訪日外国人動態分析サービス「インバウンド分析サービス」(以下、同サービス)を活用します。

同サービスは、スマートフォンがWi-Fiの接続先を探すために定期的に発信する電波を受信・分析し、人数・移動パターン・滞在時間などを可視化するもので、外国人観光客の動態をもとに、観光マーケティング施策の企画立案・現状分析・効果検証などを行えます。

なお、同実証実験では個人を特定する情報の収集は行いません。

(画像はNEC公式ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201810/20181031_02.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。