D2CがTSUNAGUを子会社化:ドコモ・電通ら合弁デジタルマーケティング会社と400万PVのインバウンドメディアが強力タッグ

D2CがTSUNAGUを子会社化:ドコモ・電通ら合弁デジタルマーケティング会社と400万PVのインバウンドメディアが強力タッグ

D2CがTSUNAGUを子会社化

株式会社D2Cは本日12月4日、株式会社TSUNAGUを12月3日付にて完全子会社化したことを発表しました。また同日に開催されたTSUNAGUの株主総会で、D2Cの執行役員 本間 広宣 氏とD2Cインバウンド事業部 部長 中西 恭大 氏が同社の取締役に就任したとのこと。

子会社化の経緯

D2Cでは、2018年よりインバウンド事業部を開設しています。これまでも、海外のインフルエンサーマーケティング専門会社「Gushcloud」と、日本における合弁会社「株式会社Gushcloud Japan」を設立するなど、精力的な取り組みを見せていました。

また、TSUNAGUが運営する「tsunagu Japan」は、月間150万UU、400万PVを誇る多言語訪日旅行メディアです。今回の子会社化により、

  • 広告販売などBtoBビジネスの体制をより一層強化
  • 「tsunagu Japan」上で訪日外国人向けのBtoCビジネスを開始
  • 外部パートナーとのビジネス展開も積極的に推進していく

とのこと。

株式会社TSUNAGUとは


「世界と日本をつなぐ」というビジョンのもと、訪日旅行者向けWebメディアtsunagu Japanの運営とともに、海外向け動画制作、Facebook運用代行、海外向けオウンドメディアの記事コンテンツ制作、アンケート調査、翻訳など幅広いサービスを日本企業や自治体などにワンストップで提供しています。

株式会社TSUNAGUのインバウンドソリューションを資料で詳しくみてみる

訪日台湾人・香港人向けメディア「tsunagu Japan」を資料で詳しくみてみる

SNS運用(Facebook)「tsunagu Japanによる海外向けFacebook運用代行サービス」を資料で詳しくみてみる

 

株式会社D2Cとは


株式会社D2Cは、2000年6月1日に、株式会社NTTドコモ、株式会社電通、株式会社NTTアドの3社合弁で設立された、デジタル広告/マーケティング会社です。

D2Cでは、デジタル領域を軸に、統合デジタルマーケティングの提案・実施までをワンストップで提供する「デジタルマーケティング事業」、ドコモメディアや各種一般メディアにおける広告を取り扱う「ドコモ事業」、アジアを中心とした国々での広告・マーケティング事業を行う「海外事業」の3つの事業を展開しています。

株式会社D2Cのインバウンドソリューションを資料で詳しくみてみる

インバウンドコンサル(総合)「インバウンドマーケティング」を資料で詳しくみてみる

インフルエンサー(総合)「Gushcloud」を資料で詳しくみてみる

訪日台湾人・香港人向けメディア「ZEKKEI Japan」を資料で詳しくみてみる


インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!