西鉄、訪日外国人専用nimoca「パスっちゃ北九州」を北九州市で販売開始

西鉄、訪日外国人専用nimoca「パスっちゃ北九州」を北九州市で販売開始

バスの利用者は増えているものの、ICカードの普及率は低い

2018年11月30日、西日本鉄道株式会社は、訪日外国人専用のICカードnimoca「Passccha Kitakyushu(パスっちゃ北九州)」(以下、同カード)を、2018年12月1日(土)から北九州市で販売開始すると発表しました。

同市は、過去5年間で訪日外国人数が約5倍に増加し、2018年10月には北九州空港と台北の直通路線が就航しており、今後も訪日外国人数が増加すると見込まれます。

また、九州のバス乗り放題乗車券「SUNQパス」や、2018年4月より販売開始した「北九州都市圏一日フリー乗車券(韓国版)」の利用者は順調に増加し、バス利用の需要が増えている一方で、ICカードの普及率が低く、現金払いの乗客が多いため、両替や支払いの手間がかかるという課題があります。

パスっちゃ北九州

パスっちゃ北九州

「パスっちゃ北九州」の概要

同カードの利用を促進することで、訪日外国人のスムーズで快適な移動をサポートするとともに、利用実績から訪日外国人の動向やニーズを把握することで、さらなるサービスの向上に努めるとのことです。

同カードは、同市出身の松本零士先生の作品で、海外でも人気の高い「銀河鉄道999」のオリジナルデザインで、同市への来訪記念となります。

なお、同カードの販売対象者は訪日外国人で、販売の際にはパスポートを確認する必要があり、販売価格は税込2,000円(利用可能金額800円、カード代金1,200円)で、限定500枚を小倉駅バスセンターと砂津定期券発売所の2箇所で販売します。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

西鉄 ニュースリリース
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2018/18_132.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!