訪日人気 アジア圏で下がり気味!?→沈静化≒成熟化フェーズへ変化の兆し/アジア・欧米豪インバウンド意向調査 2018年 最新版からみるターゲット市場拡大の重要性とは?

公開日:2018年12月13日

2018年11月30日に日本政策投資銀行と日本交通公社は、『アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査』を発表しました。第7回目の実施となる今年は、調査テーマにより期間を2回に分けています。1回目は、6〜7月に実施した対象地域の海外旅行経験者に対しインターネットでのアンケート調査、2回目は、夏の西日本豪雨や台風21号、北海道胆振東部地震を受け、10月初旬に追加で実施した災害にフォーカスした意向調査になります。調査地域は、韓国・中国・台湾・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・アメリカ・オーストラリア・イギリス・フランスの12地域です。

2つの調査結果から、訪日旅行に対する意欲の変化などの最新のインバウンド動向をふまえ、今後重要になるであろうインバウンド誘客のあり方について見ていきましょう。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

国・地域別に見た訪日旅行への意欲や関心の特徴とは?

アジア圏の訪日旅行への意欲・国と地域ごとの興味関心・ナイトライフの過ごし方について見ていきましょう。

アジアの訪日旅行意欲が成熟化?

▲アジアの訪日旅行意欲が成熟化?:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
▲アジアの訪日旅行意欲が成熟化?:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より

6〜7月に実施された調査では、訪日旅行全般に関する意向をテーマとしています。すべての調査地域において、2012年の調査開始以来訪日旅行の人気は7年連続トップという結果になりました。しかし、アジア圏からの訪日客の動向に変化が見られたのも事実です。

アジア全体の訪日旅行希望者の割合は55%と、依然として高い数値を維持していますが、調査開始以来初めてわずかに低下したことが判明しました。訪日客の85%を占めるアジア圏での訪日旅行人気の勢いが、比較的落ち着いてきていることが伺えます。

さらに、すべての調査対象地域での訪日旅行の満足度は86%と高いですが、再訪意向が54%と相対的に低く、リピーター獲得に課題があると言えるでしょう。

アジアと欧米豪の訪日旅行に対する関心の違いとは?

▲アジアと欧米豪の訪日旅行に対する関心の違いとは:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
▲アジアと欧米豪の訪日旅行に対する関心の違いとは:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
訪日旅行での大きな関心は、国や地域ごとに特徴が見られました。アジア全体では「温泉」「ショッピング」、欧米豪全体では「日本庭園」「世界遺産」「ライフスタイル」などの人気が高い傾向にあります。

今後は、国や地域ごとの興味関心の特徴を捉え、日本各地の観光資源に磨きをかけ発信していくことが重要となるでしょう。

ナイトライフは有名観光地よりローカル体験を重視

▲ナイトライフは有名観光地よりローカル体験を重視:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
▲ナイトライフは有名観光地よりローカル体験を重視:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
ナイトライフの過ごし方は、現地の日本人のリアルな過ごし方を眺め、同じように体験したいという声が多く挙がりました。とりわけアジアからは「ショッピング」欧米豪からは「文化体験」を楽しみたいとの回答が特徴的でした。

日本版統合型リゾートIRへの関心は、アジアでは高いものの欧米豪では低く、カジノ施設自体への関心は全体的に低い傾向にあります。ナイトライフへの関心の特徴をふまえ、カジノ単体だけでなくIRの複合施設全体としての魅力を高めることが求められます。

自然災害の訪日旅行への影響

▲自然災害の訪日旅行への影響:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より
▲自然災害の訪日旅行への影響:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査( 2018年度版)より

10月に追加で実施された災害に関する意向調査によると、調査地域全体の47%が日本を「自然災害が多い国」と認識しているとの結果になりました。

直近の災害についても約7割が把握していると同時に「自然災害からの復旧が早い(44%)」「旅行先として安全(44%)」と、過去の災害から日本が復興していった過程も広く認知されていることがわかりました。

一方「自然災害時の外国人への対応が進んでいる」と回答したのは26%に留まり、訪日客に対する災害時の対応策の整備が課題として挙がっています。

「今後海外旅行で訪れたい国・地域」のランキングでは、災害後の10月の調査でも1位を維持しており、長期的な目線では訪日意欲は依然として衰えていないことがわかりました。

しかし「当面海外旅行先の候補から外している国・地域」のランキングでは、アジア全体の中で日本がトップとなっており、理由として「自然災害への懸念」と答えた割合は30%と最も高くなりました。

2012年の調査開始以来、訪日旅行の不安材料として「地震」が初めて「言葉」を上回っています。短期的には訪日旅行の検討を中止している傾向が見られたことで、風評被害の影響の長期化が懸念されるでしょう。

訪日発地国の分散化を図る重要性とは

訪日客の発地国の分散化を図る重要性は、主に2つの理由から考えられます。1つ目は、アジア圏の訪日旅行人気が成熟し、勢いが落ち着いてきている点です。

今後さらにインバウンド誘客を促進しリピーターの獲得を目指すにあたって、欧米豪なども含めた発地国の拡大こそが重要と言えます。2つ目は、アジア全体で自然災害への懸念を示す傾向にある点です。これまでインバウンド誘客のターゲットとしてアジア市場を中心に開拓してきた日本ですが、自然災害などの外的リスクに備えた開拓市場の拡大の重要性が、今回の調査結果により明らかになりました。

まとめ:アジアでの訪日旅行意欲の成熟化や外的リスクへの備えが重要

『アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査』を通して、アジアでの訪日旅行に対する意欲の成熟化と、自然災害への懸念から訪日旅行を短期的に見送る傾向が顕著になっていることが明らかになりました。今後は、自然災害などの外的リスクへの備えも含め、アジアだけでなく欧米豪などインバウンド誘客のターゲット市場を拡大していくことが期待されます。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!