株式会社TOKYOJPがインフルエンサーマーケティングサービス提供会社を設立

株式会社TOKYOJPがインフルエンサーマーケティングサービス提供会社を設立

協業関係を強化へ 在留外国人インフルエンサーの登用を加速

エクスペリエンスデザインやサービスブランディングなどをする株式会社TOKYOJPが、株式会社YOLO JAPANと合弁し、インフルエンサーマーケティングサービス提供会社を設立したと、12月19日に発表しました。

同社は、グローバルなインフルエンサーマーケティングサービスとして「Grippp」をローンチし、改正入管法の可決により在留外国人の増加が見込まれる中、株式会社YOLO JAPANとの協業関係を強化し、在留外国人インフルエンサーの拡充を図っていきます。

Grippp

Grippp
商品やサービスの認知拡大などへ 影響力のある情報発信も「Grippp」のGripppサービスでは、ターゲットとなる国において、数万から数百万規模のフォロワーがいるインフルエンサーを登用し、商品やサービスの認知拡大などにつなげられます。

また、Grippp@JPサービスでは、日本の魅力を熟知している在留外国人インフルエンサーを登用し、顧客にアクションを起こさせるような影響力のある情報発信ができます。海外のインフルエンサーを呼ぶ必要がないため、費用を抑えることもでき、一度限りはなく継続的な情報発信を可能にしていきます。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる


「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる


▼外部リンク

株式会社TOKYOJPのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000038818.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!