ドラッグストアのトモズ、6社のQRコード決済サービスをスタート

ドラッグストアのトモズ、6社のQRコード決済サービスをスタート

キャッシュレス化で利便性を強化

ドラッグストア・調剤店舗172店舗を経営する株式会社トモズ(以下、トモズ)は、SCSK株式会社(以下、SCSK)、株式会社ネットスターズ(以下、ネットスターズ)の協力のもと、スマートフォンの画面上に電子バーコードを表示させ、レジで決済ができる「QRコード決済サービス」を導入しました。

トモズの一部店舗では、免税対応も行っています。インバウンドが利用しやすいQRコード決済サービスを取り入れることで、インバウンドのさらなる誘客を図りたい考えです。

QRコード決済サービス

QRコード決済サービス

高まるインバウンド需要に対応

まず、トモズでは、対象店舗であるトモズ/アメリカンファーマシー/インクローバーのうち、一部先行店舗(76店舗)にて、 「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」を、12月3日より導入。

また、12月28日より、全店(一部対象外店舗あり)において、「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」などのサービスを追加し、合計6社のQRコード決済サービスをスタートしました。

トモズの店舗では、現在、決済手段としてクレジットカード、各
種電子マネー、ポイント支払い、QRコード決済サービスが利用できます。今後も、トモズでは顧客の利便性向上に努める方針です。

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

(画像はトモズのホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

トモズ/SCSK/ネットスターズ プレスリリース
http://www.tomods.jp/news_release/pdf/2018/12_27.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。