富裕層・リピーター外国人観光客がターゲット/創立70周年のはとバスが提供する体験型高級ツアー「Real Japan experience」とは

富裕層・リピーター外国人観光客がターゲット/創立70周年のはとバスが提供する体験型高級ツアー「Real Japan experience」とは

株式会社はとバス(以下、はとバス)はこの度、主に欧米豪から訪れる富裕層やリピーターをターゲットに、日本の文化や、ものづくりが体験できる「Real Japan experience」ツアーの提供を開始しました。

2019年1月23日、旅行会社、ホテル、メディア向けの試乗会を開催。訪日ラボが試乗会に参加をし、「Real Japan experience」ツアーを体験した様子を紹介します。


はとバスの「Real Japan experience」ツアーとは?

創立70周年を迎えるはとバスが、主に欧米豪から訪れる富裕層や急増するリピーターを対象とした日本の文化やものづくりが味わえるバスツアー「Real Japan experience」の提供をはじめました。はとバスは本ツアーの移動には横3列シートの全24席・化粧室付の最上級バス「ピアニシモⅢ」を採用。ゆったりとくつろぎながら、本ツアーを楽しめます。

ピアニシモⅢ
ピアニシモⅢ

「Real Japan experience」は現在4コースありますが、ここでは2つのコースを取り上げます。

1つ目は「Real Japan experience 鎌倉編」。日本の伝統工芸である鎌倉彫や伝統芸術の着物、またお寺での昼食や坐禅体験を通じて、日本人の中に長く受け継がれている素晴らしい精神性や衣食住などの日本文化を体験できるのが、「Real Japan experience 鎌倉編」です。

「Real Japan experience 鎌倉編」のコースは以下の通りです。

  • 「鎌倉彫会館」にて伝統工芸品鑑賞
  • 「せいた呉服店」で着物に触れ合う
  • 円覚寺内「帰源院」にて、昼食(「北鎌倉茶寮 幻 董庵」のお弁当)と坐禅体験・居合切り鑑賞
  • 「高徳院」にて大仏鑑賞

2つ目が「Real Japan experience 千葉編」です。千葉編は日本が誇る、ハイレベルなものづくりに触れることにより、長く受け継がれている日本の伝統技術や日本人の精神性を体感できるツアーです。

「Real Japan experience 千葉編」のコースは以下の通りです。

  • 菅原工芸硝子でガラス工芸体験・鑑賞
  • 国登録有形文化財の八鶴亭にて昼食
  • 飯沼本家で日本酒を楽しむ
  • 成田山新勝寺にて参拝と参道自由散策

「Real Japan experience 千葉編」を体験

2019年1月23日の試乗会では、「Real Japan experience 千葉編」が実施されました。その様子を紹介していきます。

G7の乾杯グラスや会食の際の食器を提供する菅原工芸硝子にてガラス工芸体験

菅原工芸硝子は1961年設立された、ひとつひとつのガラス製品をハンドメイドで作成するガラス製品メーカーです。日本で行われたG7において、乾杯グラスや会食の際の食器に使われたり、ペニンシュラホテルなどの有名なホテルやお店で活用されています。そのため、菅原工芸硝子が提供するガラス製品は世界でもトップクラスと言われています。

菅原工芸硝子ではガラス工房の見学が可能です。目の前でガラス職人による高度な技術を、見て、触れて、体感できます。

 
ガラス工房の様子
ガラス工房の様子
ガラス工房で体験する参加者
ガラス工房で体験する参加者
 
ガラス工房での体験の様子
ガラス工房での体験の様子

なお、菅原工芸硝子では、サミットで利用されたグラスを使ったウェルカムシャンパンや、このツアーのためだけに作成された特別なオリジナルグラスがプレゼントされます。

国登録有形文化財「八鶴亭」にて懐石料理を堪能

菅原工芸硝子にてガラス工房見学が終わるとお昼を迎えます。菅原工芸硝子からバスで10分ほど移動すると、1885年(明治18年)に創業した国登録有形文化財に指定されている、美しい日本建築の歴史ある料亭「八鶴亭」があります。ランチは「八鶴亭」にて懐石料理を楽しめます。なお、料理の一部は菅原工芸硝子の食器が特別に利用され、見てるだけでもとても優雅な気分になります。

八鶴亭
八鶴亭
 
八鶴亭の懐石料理
八鶴亭の懐石料理

300年の歴史が詰まった酒蔵「飯沼本家」にて日本酒を味わう

「八鶴亭」にて懐石料理を楽しんだ後は、300年の歴史が詰まった酒蔵「飯沼本家」にて日本酒を楽しみます。「飯沼本家」は千葉県酒々井町にある300年つづく日本酒の蔵元です。伝統の清酒「甲子正宗(きのえねまさむね)」を醸すほか、直営店「酒々井まがり家」では食事や試飲を楽しめます。さらに、本ツアーでは、日本酒工場の見学が可能であり、日本酒ができるまでの工程をわかりやすく解説してくれます。

飯沼本家にて甲子正宗について説明する様子
飯沼本家にて甲子正宗について説明する様子
 

飯沼本家にて鏡割りを体験する参加者
飯沼本家にて鏡割りを体験する参加者

試飲を楽しむツアー参加者
試飲を楽しむツアー参加者

成田山新勝寺にて参拝と参道自由散策

ツアーの最後は成田山新勝寺にて参拝。参道を自由散策する時間もあるため、レトロな雰囲気の参道を楽しめます。うなぎ屋が多くあり、目の前にうなぎを捌いている姿が見られる他、自分の名前を入れた箸が買えるお土産屋があります。

 
成田山にて
成田山にて

まとめ:日本の文化体験ができる「Real Japan experience」ツアー、ディープな体験を求める訪日外国人に向けて提供開始!

観光庁がおこなった「訪日外国人消費動向調査」によると、2017に日本を訪れた訪日外国人観光客のうち、初めて日本に来るという人は38.6%という結果がでています。つまり、2回以上来ているリピーターは61.4%にのぼります。リピーターがとても多いと考えられます。

そのため、初訪日〜数回目の訪日旅行であらかた買い物を楽しんだ訪日外国人観光客が、家電、生活雑貨といった「モノ」ではなく、サイクリングや農業体験、温泉巡り、着物体験などの「コト」を楽しむようになっていると考えられます。そういったコト消費をメインとしている訪日外国人をターゲットに行っているのが「Real Japan experience」です。今後も、コト消費を目的とする訪日外国人が増えていくと予想されます。そのため、本ツアーは面白い取り組みなのではないでしょうか。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!