古都・京都らしさを演出 京都新阪急ホテル、客室に「畳の小上がり」を設置

古都・京都らしさを演出 京都新阪急ホテル、客室に「畳の小上がり」を設置

ターゲットはインバウンド

京都新阪急ホテルは、2019年1月にツインルーム44室のリニューアル工事を完了し、2月1日より、利用をスタートしました。

畳の小上がり

畳の小上がり

京都らしさと機能性を重視

現在、京都駅前エリアでは、インバウンドの誘客を狙って、新規ホテルの開業が相次いでいます。そのような中、同ホテルの改装工事では、インバウンド需要を強く意識するだけでなく、このホテルならではの、古都・京都らしさを多く盛り込みました。

まず、客室にはインバウンドに人気の畳の小上がりを設置することで、就寝時に布団を敷くことができるような、ゆったりしたスペースを確保。3名での宿泊にも対応できる仕様としたことで、ファミリーで利用するインバウンド需要に対応します。

また、内装は、和洋を融合させ、和モダンに。京唐紙や西陣織写しの帯柄の壁紙、着物地を使ったフットスロー、石畳風のエントランスなど、「京都らしさ」をふんだんに取り入れました。

さらに、近年の健康志向を背景に、リニューアル後は禁煙ルームとし、顧客満足度向上に努めます。

今回のリニューアル工事では、3名での利用が可能なツインルームを、12室から56室に増やし、インバウンドが京都の雰囲気を存分に楽しめるような空間を演出。同ホテルでは、他ホテルとの差別化を図ることで、競争力の強化を図りたい考えです。

(画像はプレスリリースより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社阪急阪神ホテルズ プレスリリース
https://www.hankyu-hotel.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!