NTT東日本など、訪日外国人観光客向けに「飲食店プロモーション」の実験を実施

NTT東日本など、訪日外国人観光客向けに「飲食店プロモーション」の実験を実施

サイネージ用大型モニタ等を設置するスペースが課題

2019年3月11日、東日本電信電話株式会社(以下、NTT 東日本)、株式会社アクアビットスパイラルズ、エプソン販売株式会社、株式会社エヌケービーは、訪日外国人観光客に向けた新たな飲食店プロモーション(以下、同プロモーション)を行う実証実験(以下、同実証実験)を、築地場外市場や函館などにおいて実施すると発表しました。

訪日外国人観光客が、飲食店街等において店を選ぶ際に、店舗前に設置されたメニュー表やサンプルだけではわかりにくく迷うことや、店内においてはメニューを読めない・店員との意思疎通できにくい等の問題があります。

一方、飲食店側では、サイネージを活用し多言語でプロモーションしたいと考えているものの、サイネージ用大型モニタ等の設置スペースを店舗内外に確保しにくいという不具合があります。

飲食店プロモーション

飲食店プロモーション

新たな「飲食店プロモーション」の提案と実証実験

同プロモーションでは、店舗のガラス面にスクリーンフィルムを貼り、NTT東日本のクラウドサイネージサービスである「ギガらくサイネージ」を利用してコンテンツを投影する、低廉で手軽な方法で、サイネージ設置スペースの課題をクリアしています。

また、「連動型クラウドサイネージ」を提供します。これは、観光客がスクリーンフィルムと同じ場所に設置した「スマートプレート」にスマートフォン等を近づけると、サイネージコンテンツの詳細情報を多言語で即座に取得できるサービスです。

さらに、画像認識AIを活用して、店の情報を多言語で手軽に取得できるサービスも提供します。

同実証実験を、築地場外市場や函館などにおいて実施し、技術検証するとともに、集客拡大についての効果を測定します。

なお、Smart Refund築地場外市場では、連動型クラウドサイネージを活用してプロモーション映像とクーポンを配信しますが、晴天時には外貨両替優遇レートクーポン、雨天時には傘の割引クーポンと、配信する情報を切り替えます。

また、函館ベイエリア・どんぶり横丁市場・函館駅周辺・五稜郭周辺などで提供されるサービス「かざして案内」では、スマートフォンのカメラアプリをリーフレットや店舗看板にかざすことで、店のメニュー等の情報が多言語で表示されます。

(画像は報道発表資料より)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

NTT東日本 報道発表資料
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20190311_01.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!