外国人の人気宿泊地ランキング急上昇は「仙台」掲載室数94万室超え・Booking.comの10周年調査

外国人の人気宿泊地ランキング急上昇は「仙台」掲載室数94万室超え・Booking.comの10周年調査

国内総掲載室数や動向を発表

ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は、4月10日に宿泊予約サイト Booking.comの国内総掲載室数と、バケーションレンタル(民泊)件数を発表。キャンペーンも行っています。

ブッキング・ドットコム、国内総掲載室数と動向

ブッキング・ドットコム、国内総掲載室数と動向

掲載室数94万室!外国人の人気急上昇は「仙台」

同社の日本法人は10周年を迎え、これまでの成果を発表。4月10日時点の国内掲載室数は94万室、民泊の国内掲載室数は46,000室を超えました。チェックインした延べ人数は約7.5億人です。

また、過去10年間で宿泊予約が飛躍的に伸びた都市をランキングにしています。訪日外国人旅行者の予約が伸びた都市は、1位が「仙台市」、2位「由布市」、3位「福岡市」、4位「金沢市」、5位「大阪市」となっています。

東北は以前から台湾人に人気のエリアですが、2016年より仙台国際空港への定期便ができた影響で、仙台市の宿泊予約が上昇したのではと推測しています。九州はアジアからの訪日客に人気があります。

日本人の宿泊予約が増加した都市は「川崎市」

一方日本人旅行者の予約が伸びた都市は、1位「川崎市」、2位「松山市」、3位「大阪市」、4位「新潟市」、5位「宇都宮市」となりました。

川崎市は観光以外にも、周辺の横浜市でビジネス関連イベント、スポーツイベントなどが行われており、宿泊者数に影響していると見ています。

現在、「Booking.com Japan 10周年キャンペーン」を実施中。旅行に活用できるポイントをプレゼントしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブッキング・ドットコム・ジャパンのプレスリリース
https://news.booking.com/ja/japan-10th-anniversary/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!