SNS大国マレーシアの人気SNSランキング、1位は? | インターネット・SNS利用事情・活用事例も解説

SNS大国マレーシアの人気SNSランキング、1位は? | インターネット・SNS利用事情・活用事例も解説

2018年、年間の訪日外国人数において、東南アジアエリアでトップを記録したのはタイの1,132,100人でした。次いでフィリピンの504,000人、そしてマレーシアは468,300人を記録しました。これらトップ3の共通点はいずれも各国の過去最高記録をマークしていることです。このような状況のもと、今回はマレーシアのSNS(ソーシャルメディア)利用状況やプロモーション施策に焦点をあてて紹介します。

驚くべき マレーシアのインターネット事情・利用状況

日本のインバウンド市場において、ASEAN諸国は増加傾向にあり、まだこれから開拓の余地がある重要な位置付けとなっています。インバウンド施策のひとつとしてプロモーションするにあたり、マレーシアのインターネット事情など把握してみましょう。

マレーシア人の80%がインターネットを利用

マレーシア人のインターネット事情で把握すべき点として、まず普及率の高さといえます。

海外の統計サイト「Digital 2019」によると、マレーシア人の80%がインターネットを利用していることがわかります。この数値は世界平均値57%に比べて、非常に高い数値といえます。また、インターネット利用者数と同じ割合で、SNS利用者数は78%にまでのぼり、前年比から100万人の利用者が増えています。これらの数値から、マレーシア人のインターネット普及率の高さだけでなく、同じく高い割合でSNSを利用する傾向にあることがわかります。


▲[マレーシア インターネット利用状況]:Digital 2019から引用
▲[マレーシア インターネット利用状況]:Digital 2019から引用

マレーシアで人気のSNSとは?意外なランキング結果

インターネットおよびSNSの普及が非常に高いマレーシアでは、どのようなSNSが人気なのでしょうか?日本ではあまり馴染みのないSNSがトップに食い込むなど、プロモーション施策において把握すべき内容になっています。利用状況データをもとに紹介します。

1. メッセンジャー機能をもつSNSとしてはWhatsAppが人気

海外の統計サイト「Digital 2019」によると、マレーシア人が最も使用しているSNSは、利用者回答93%のYouTubeとなりますが、驚くべきは次に高い利用者回答を得た91%のWhatsAppです。FacebookもWhatsAppと同じく利用者率が高いSNSとして台頭をみせていますが、Facebookの普及率に対してWhatsAppと同じくメッセンジャーとして使われるFB Messengerの普及率は64%に留まっており、よりシンプルな方が好まれる傾向にあります。

WhatsAppと同じくFacebookが普及していることから、メッセンジャー機能としてWhatsAppを利用し、Facebookは交流や情報収集ツールとして、それぞれの機能によって使い分けていると考えられます。

▲[マレーシア ソーシャルメディア利用状況]:Digital 2019より引用
▲[マレーシア ソーシャルメディア利用状況]:Digital 2019より引用

2.王道のInstagramも抑えるべし!

メッセンジャー機能のWhatsAppを除き、SNSで人気No.3となったのは、利用者回答70%のInstagramです。Instagramといえば、日本でも2500万人が利用している人気の高いSNSとして知られています。とはいえ、アジア太平洋地域で利用者数No.1はマレーシアとなっています。Facebookはつながりのある人物と交流や情報集するのに対して、Instagramの特性は、写真やストーリー、ライブ配信などの独自の世界観や、またハッシュタグで共通のユーザー投稿を発見する点にあります。インスタグラムの特性を理解してプロモーションしましょう。

3.利用者の半数以上を若年層が占める

海外の統計サイト「Digital 2019」によると、SNS利用者数全体の60%は18~34歳の若者であることがわかります。

▲[マレーシア ソーシャルメディア年齢別利用状況]:Digital 2019より引用
▲[マレーシア ソーシャルメディア年齢別利用状況]:Digital 2019より引用

このデータをふまえて、訪日マレーシア人の年齢層をみてみると、JNTOのデータでは2017年訪日マレーシア人の年齢別構成において、男女それぞれ20~30代が約3割を占め、全体の約6割を20~30代が占めています。これにより、訪日マレーシア人とマレーシア人のSNS普及の年齢に高い関係性があるといえます。

▲訪日マレーシア人の年齢別グラフ]:JNTO訪日旅行データハンドブックより引用
▲訪日マレーシア人の年齢別グラフ]:JNTO訪日旅行データハンドブックより引用

ASEAN諸国の旅行人口増加!SNS対策が重要に?

ASEANに属するマレーシアの訪日旅行の動向も増加傾向にあります。JNTOのデータによると、2012年当時、約13万人であったのに対し、2017年は約44万人超となり、ここ6年間で訪日マレーシア人数は、右肩上がりに増加しています。そのうち、約半数が初来日で約半数がリピーターとなり、まだ開拓の余地があるといえます。また、マレーシアから日本への旅行者の多くは20〜39歳であるため、インターネットを多く利用している若い世代の旅行者に向けたSNSマーケティングが重要になってきます。

とはいえ、SNSマーケティングで重要なことは、プロモーションしたい店舗や商品とSNSの特性がマッチしているかという点です。ここではInstagramを活用した、マレーシアのSNSで人気となるコンテンツ事例を紹介します。しっかりポイントを抑えて、効果的なプロモーションにつなげましょう。

1.マレーシアで人気のSNS「Instagram」の活用事例

インターネットおよびSNS利用普及率の高いマレーシアでにおいて、とりわけ人気の高いInstagramの活用事例を紹介します。和のスパを提供する「WASPA」では、SNS・ソーシャルアカウントを使い分けて情報発信をしています。たとえば、FacebookやTwitter、Instagramなどのアカウントを持つ同店舗ですが、Twitterでは主にコースやキャンペーンの紹介を行い、Instagramでは写真をメインに、ミスインターナショナルやVIP利用者のキレイな写真などを全面に押し出しています。

また、新宿歌舞伎町にあるショーレストラン「ロボットレストラン」の事例では、Facebookでは一目で目を引く色鮮やかな写真に英語による紹介がされています。すでに2019年3月時点で「総いいね数」は、1,4029を得ています。Instagramでは、訪日外国人視覚的に楽しんでもらえるような色鮮やかな写真と動画を頻繁にアップし、イメージしやすいように訴求しています。

2.Instagram記事を作る際のポイント

「WASPA」や「ロボットレストラン」の事例からみると、SNSそれぞれの特性を理解し、コンテンツを分けて発信しています。とりわけ、Instagramは写真や動画が全面に押し出されたSNSのため、投稿する写真は鮮やかな写真や動画は雰囲気がわかりやすいものに重点をおいて配信すべきといえます。Instagramの特性を理解し、視覚的に訴求できる記事コンテンツを配信することが重要なポイントとなります。

まとめ:マレーシアに向けた効果的なSNSマーケティングを

今回は、インバウンド市場のASEAN諸国のなかで増加傾向にあるマレーシアのSNS利用状況やプロモーション施策について紹介しました。マレーシアの国柄として、インターネットおよびSNSの普及率が約8割に及ぶことにふれましたが、その利用者層と訪日マレーシア人の年齢層は同じ20~30代に比例しています。SNSマーケティングにおいて、重要といえるSNSそれぞれの特性を理解して、効果的なプロモーションにつなげましょう。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!