【玉野市×JR西日本】 瀬戸内への玄関口に「玉野観光案内所」をオープン

【玉野市×JR西日本】 瀬戸内への玄関口に「玉野観光案内所」をオープン

「瀬戸内国際芸術祭2019」の開催にあわせて設置

玉野市ならびに西日本旅客鉄道株式会社岡山支社(以下、JR西日本)は、4月12日、玉野市が宇野みなと線 宇野駅構内に、玉野観光案内所「TAMANO Tourist Information Center」を、4月18日にオープンすることを発表しました。

宇野駅は、3年ごとに開催される「瀬戸内国際芸術祭」の沿岸部舞台。近年では、多くのインバウンドが足を運ぶエリアとなりました。

玉野観光案内所「TAMANO Tourist Information Center」

玉野観光案内所「TAMANO Tourist Information Center」

増加するインバウンドの利便性を強化

これまで設置されていた観光案内所では、玉野市内の観光案内や、手荷物預かり業務等を行ってきました。

今回、オープンする新観光案内所では、これらの業務はもちろん、近隣の瀬戸内エリアの観光案内、岡山県内・瀬戸内エリアの特産品・お土産品も販売する予定です。

また、新しい取り組みとして、増加するインバウンドの利便性を図るため、外国語対応可能なスタッフを常駐します。

さらに、カフェや、レンタルサイクル店も設置。レンタルサイクル店では、インバウンドの行動範囲拡大を狙い、通常の自転車だけでなく、電動アシスト付きスポーツ自転車(e-BIKE)のレンタルを行ううえ、体験プログラムを販売することで、玉野市、周辺地域の旅ナカを楽しんでもらいたいとしています。

宇野駅は、瀬戸内の美しい島々を周遊する拠点。新観光案内所では、単なる案内所にとどまらず、「瀬戸内ゲートウェイ」としての役割も果たす考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

玉野市/JR西日本 プレスリリース
https://www.westjr.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。