日本初の取り組み・日本の”美術の魅力”を世界に発信せよ!東京国立近代美術館、インバウンド向け体験型プログラムの提供を開始

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

東京国立近代美術館は3月22日より、芸術鑑賞・異文化交流の体験型プログラム「Let's Talk Art!」を開始すると発表しました。美術館における英語での体験型プログラムの提供は、日本で初めての試みとなるため、注目が集まっています。「Let's Talk Art!」のプログラム内容をふまえ、コト消費需要が高まるインバウンド市場において、本体験型プログラムに期待できる効果を見ていきましょう。


インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

日本の美術×異文化交流を目指す「Let's Talk Art!」

「Let's Talk Art!」は、文化の異なる訪日外国人観光客のニーズに応え、所蔵作品展「MOMAT コレクション」を英語で楽しめる内容となっています。これまでの作品解説を聞くだけの一般的なガイドツアーと異なり、参加者がファシリテーターと会話しながら作品を掘り下げ理解を深めていくといった、新しいスタイルが特徴です。

当館は明治から現代までの日本の美術を中心に、13,000点以上の作品を所蔵しています。所蔵作品展「MOMAT コレクション」では、全作品の中から選りすぐりの約200点を展示しており、100年以上に渡る日本の美術の軌跡を辿ることができる国内唯一の展示として、訪日外国人観光客が日本の歴史や美術に触れられる絶好のスポットとなるでしょう。

本体験型プログラムでは、約1時間で3つの作品を鑑賞し、描かれているモノやコトに基づき日本と参加者の文化を話し合うことや、描かれている土地や建物の歴史や観光情報のシェアに焦点を当てています。

国内初の英語の体験型プログラム提供に向けた入念な準備

東京国立近代美術館では、以前から実施している日本語の所蔵品ガイドの発想を応用し、英語バージョンの「Let's Talk Art!」が企画されました。2017年からプログラム作りに着手し、ファシリテーターの募集、研修を実施した後、千代田区内を中心とした大学と連携を取り、外国人留学生向けのプログラムによるトライアルを重ねて準備を進めました。

トライアルの参加者からは、「作品の理解が深まるだけでなく、日本文化や歴史も分かる」「国籍の異なる参加者の意見から新しい気づきや発見がある」「作品解説を読むだけではわからない魅力を感じた」などの好評の声があがっています。国内の美術館・博物館における初めての英語による体験プログラム提供に向けて、入念に準備が進められたことが伺えます。

体験型プログラムでインバウンドのコト消費需要に対応

訪日外国人観光客の増加に伴い、訪日客の興味関心はショッピングなどのモノ消費から、日本ならではの体験を重視するコト消費への変化が顕著です。訪日客の美術館や博物館への注目度も増している中、参加や体験といったさまざまな切り口から日本の美術に触れられるような工夫も、今求められています。

作品を通じた異文化交流を目指す、国内の美術館と博物館では初めての体験型プログラムは、新たな東京観光のコンテンツとして訪日客から注目されるでしょう。訪日旅行のリピーターも取り込み、満足度を向上させる効果も期待されます。

まとめ:日本の美術の魅力を参加体験型プログラムで訪日客にPR

「Let's Talk Art!」は、3月22日より毎週金曜日の18時30分から実施され、対象年齢は11歳以上、事前申し込み制で定員は6名まとなっています。訪日客の間でコト消費需要が高まる中、日本の美術をキーワードにした新しいかたちの体験型プログラムとして、東京国立近代美術館の取り組みに対する訪日客の今後の反応に注目が集まります。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに