フリーWi-Fiの利用は44.9%!九州を訪れた外国人のネット通信環境とフリーWi-Fiの満足度は?

フリーWi-Fiの利用は44.9%!九州を訪れた外国人のネット通信環境とフリーWi-Fiの満足度は?

九州での通信環境整備と利用実態調査

一般社団法人 九州観光推進機構は4月17日、九州のインターネット通信環境・Wi-Fi電波実態調査の結果を発表。外国人利用者の満足は高いものの、一部繋がりにくいところも確認されました。

インターネット通信環境・Wi-Fi電波実態調査

インターネット通信環境・Wi-Fi電波実態調査

フリーWi-Fiの利用は44.9%

調査は2018年11月、博多駅、天神、福岡空港で外国人観光客345人に聞き取りを行い集計しています。

九州の訪問で利用した通信手段は、「モバイルWi-Fi ルーター」が49.9%、「公衆無線LAN(フリーWi-Fi)」が44.9%、「SIMカードの購入」が34.8%。

「公衆無線LAN」はどのサービスを利用したか聞いたところ、「宿泊施設のフリーWi-Fi」が49.0%、「Japan Wi-Fi」が40.0%、「飲食店のフリーWi-Fi」が32.9%でした。

中国・台湾・香港・マカオは「宿泊施設」、北アメリカは「飲食店」、ヨーロッパ、オセアニアなどその他が「Japan Wi-Fi」の利用が多い結果となりました。九州での公衆無線LAN利用は、「満足」「やや満足」を合わせると63.2%となり、満足度は高いと言えます。

Wi-Fiの電波環境はエリアによって課題

Wi-Fi電波実態調査では、太宰府駅、別府駅、鹿児島中央駅などで一部電波干渉が発生し、接続や通信速度に影響しました。

来訪者と商業施設が多い場所は、エリアオーナーが連携した環境整備・スポット整備などを考慮する必要があると指摘しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

九州観光推進機構のプレスリリース
https://www.welcomekyushu.jp/kaiin/news/detail/800

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。