ビザ発給数は過去最高を記録!外務省、「平成30年ビザ発給統計」を発表

ビザ発給数は過去最高を記録!外務省、「平成30年ビザ発給統計」を発表

ビザ発給数は前年比18.5%増

外務省は、4月26日、「平成30年ビザ発給統計」を発表しました。

平成30年における全在外公館のビザ発給数は、過去最高記録を達成。前年比18.5%増の695万2,804件にのぼりました。

平成30年ビザ発給統計

平成30年ビザ発給統計

中国が全体の78%、上位7公館が在中国公館

ビザ発給数は、平成25年は186万4,425件、平成26年は287万1,639件、平成27年は476万8,286件、平成28年は538万1,433件、平成29年は586万9,012件と、年々増加傾向にあります。

国籍・地域別発給数の上位4カ国は、中国・フィリピン・ベトナム・インドネシアと続き、これら4カ国の国籍者に対する発給数は、632万4,605件と、全体の90%以上を占めました。

また、在外公館別発給数は、在上海総領事館が225万454件とトップ。次に在中国大使館、在広州総領事館と続き、上位10公館のうち7公館が在中国公館という結果でした。

中国国籍者に対するビザ発給数は、544万7,097件と全体の78%を占めました。うち、訪日中国人観光客については、過去最高を記録。団体観光、個人観光、数次ビザ等の発給数の合計は、488万1,195件でした。

日本では、短期滞在ビザを、68の国と地域の人々に対して免除しています。出入国在留管理庁では、外国人入国者数を発表していますが、ビザ発給数は、数次ビザやビザ免除等もあり、その数値とは異なります。

(画像はプレスリリース別紙より)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

外務省 プレスリリース
https://www.mofa.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。