購買件数2割減、購買単価2.4%増・インバウンド消費調査2019年3月

ドラッグストアのインバウンド消費調査

株式会社True Data(トゥルーデータ)は4月26日、ドラッグストアによる2019年3月のインバウンド消費動向調査を発表。今回コンタクト装着液が初めてTOP30にランクインしました。

True Data・インバウンド消費動向調査3月

True Data・インバウンド消費動向調査3月

1店舗当たりの購買件数は1,427件

ドラッグストアにおけるインバウンド消費1店舗あたりの購買件数は1,427件。前年同月より22.7%減少しました。一方1レシート当たりの購買単価は16,501円となり、前年同月より2.4%増加しています。

3月のインバウンド消費売上個数ランキングは、1位が資生堂の「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク 60ml」で前月同様、2位が参天製薬の「サンテFX ネオ 12ml」で、前月4位からの上昇です。

3位はDHCの「DHC 薬用リップクリーム 1.5g」、4位が資生堂の「専科 パーフェクトホイップn 120g」、5位が花王の「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g」となっています。

コンタクト装着液が初めてランクイン

今回の注目は、ライオンの「スマイルコンタクト ファインフィット 5ml×2」で圏外から一気に12位にランクインしています。コンタクトレンズの曇りを防ぎ、装着しやすくする商品です。

国内シェアでは68位ですが、中国でカラーコンタクトレンズの人気が高まっていることから、インバウンド消費では目薬の2番手となる可能性があると指摘しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社True Dataのプレスリリース
https://www.truedata.co.jp/news/release20190426

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。