2月のインバウンド延べ宿泊数は過去最高!観光庁、「宿泊旅行統計調査」を発表

2月のインバウンド延べ宿泊数は過去最高!観光庁、「宿泊旅行統計調査」を発表

数値は平成19年2月時の4倍以上に増加

観光庁は、4月26日、「宿泊旅行統計調査(平成31年2月・第2次速報、平成31年3月・第1次速報)」を発表しました。

インバウンドの延べ宿泊者数の調査は、平成19年にスタート。平成31年2月の調査結果は、前年同月比18.8%増の827万人泊で、2月としては調査開始以来の最高値となりました。また、3月は前年同月比26.3%増の856万人泊でした。

宿泊旅行統計調査

宿泊旅行統計調査

国籍別宿泊数は中国がトップ、伸び率ではフィリピン

「東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫」の8都府県をさす「三大都市圏」のインバウンド延べ宿泊者数比較では、平成29年2月が314万人泊、平成30年2月が354万人泊、平成31年2月が441万人泊と年々増加傾向にあり、「三大都市圏」以外の「地方部」においても同様な傾向がみられました。

また、都道府県別インバウンド延べ宿泊者数は、東京都がトップで174万人泊。次いで、大阪府が137万人泊、北海道が119万人泊と続きました。

平成31年2月の国籍(出身地)別のインバウンド延べ宿泊者数は、中国が238万5,290人泊、韓国が119万5,650人泊、台湾が113万950人泊、香港が56万3,300人泊、アメリカが31万7,910人泊と続き、これら上位5カ国・地域のシェアは、全体の75.9%にのぼりました。

さらに、伸び率でみると、フィリピンが前年同月比58.9%増の6万5,410人泊、ベトナムが前年同月比44.8%増の4万5,090人泊等、大幅に拡大したことも分かりました。

しかし、前年同月比がマイナスになった国籍(出身地)も判明。イタリアが、前年同月比0.4%減少の1万8,580人泊にとどまりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/common/001287500.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。