横浜への外国人来訪者数150万人超!?宿泊者の集客がカギ!横浜市の外国人観光客実態調査

横浜市のインバウンド調査

日本政府観光局は5月17日に、横浜市文化観光局が昨年実施した外国人旅行者の実態調査を公開。クルーズ旅客調査も別に行っています。

横浜市文化観光局・外国人旅行者の実態調査
▲横浜市文化観光局・外国人旅行者の実態調査(イメージ)

昼間の来訪者に対し夜間は半数

平成30年1月から9月までに横浜市を訪れた外国人は、昼間が1,022,517人、夜間が約半数の542,629人でした。

国別に調べた結果、昼間の来訪者で最も多かったのが中国人で207,423人。次いで台湾人148,674人、韓国人114,699人、米国人が114,422人となっています。

夜間の来訪者は中国人が137,265人、台湾人70,305人、米国人57,625人、韓国人46,439人でした。

特に韓国人は日帰り旅行者の比率が高く、宿泊旅行者の比率を高めることが課題だとしています。

平成30年1月から12月の間に横浜を訪れた外国人1,000人に目的を聞いたところ、「観光」が81.6%、ビジネスは6.9%。横浜は「街歩き」観光の割合が日本全体と比較しても高いため、目的を絞ったプロモーションが効果的ではと指摘しています。

クルーズは国別の特徴を踏まえたセールスを

さらに9月~11月にクルーズ客に行った調査では、日本到着後の宿泊先は「東京」と回答した人が30.4%、「横浜」の回答は9.2%でした。

クルーズ旅行の手配について最も多いのは、米国が「オンラインで自ら行う」が64.4%、英国は「旅行会社からセット商品を購入する」が66.7%となっています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/member_news/m20190517.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。