ホテル客室数が既存ストックに対し約24%増加!CBRE「2021年のホテルマーケット展望」発表

ホテル客室数が既存ストックに対し約24%増加!CBRE「2021年のホテルマーケット展望」発表

日本のホテル市場の見通しは

シービーアールイー株式会社は、6月10日、特別レポート「2021年のホテルマーケット展望-増加する需要と供給の中で勝ち残るホテル」を発表しました。

2021年のホテルマーケット展望

2021年のホテルマーケット展望

多様化するインバウンドニーズに対応してホテルも変化が不可欠

近年のインバウンド数増加により、宿泊需要も増加しています。

また、日本ではラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック、大阪・関西万博の開催も控え、今後もインバウンド数の増加が見込まれ、全国各地でホテルの開業も進められています。

今後3年間におけるホテル客室数は、日本の主要9都市全体で、2018年末時点の既存ストックに対し約24%増加することが予想されます。

都市別では、京都が51%と最も高く、次いで大阪が32%、東京が24%と続く結果となりました。

一方、2021年に向け、さらなるインバウンド数増加が見込まれますが、2021年の主要9都市における必要客室数は供給を下回る可能性があり、全てのホテルがインバウンドの恩恵にあずかれるとは限らない状況もでてきました。

同社の調べによれば、主要9都市の新規供給の87%は宿泊主体型のホテルとなり、アッパークラスのホテルは5%に過ぎません。

今後、誘客力の強いホテルを作るためには、単純な価格競争にこだわることをせず、質を重視する、ターゲット層に合わせるなど、ホテル側も他社との差別化を図ることが重要と考えられます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

シービーアールイー株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/

シービーアールイー株式会社 ホームページ
https://www.cbre.co.jp/ja-jp

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。