来場者約5万人「World Travel Market 2019」にJNTOがVJブースを出展

公開日:2019年06月17日

ロンドンでの国際旅行博 VJブースの共同出展者を募集

日本政府観光局(以下、JNTO)が、11月4日から6日にかけてイギリス・ロンドンで開催される「World Travel Market(WTM)2019」に、ビジット・ジャパン(VJ)ブースを出展すると、6月14日に発表しました。

JNTOは、同BtoB国際旅行博にVJブースを出展することに合わせ、7月5日まで共同出展者の募集も開始しています。共同出展者となる自治体や観光関連団体などと連携し、日本の観光の魅力を発信し、訪日外国人観光客の更なる増加につなげていきます。

「World Travel Market(WTM)2019」

「World Travel Market(WTM)2019」

来場者約5万人のヨーロッパ最大級の旅行見本市に

「World Travel Market(WTM)」は、来場者約5万人のヨーロッパ最大級の旅行見本市で、2018年の会場全体来場者数51,409人、VJブースだけでみても来場者数3,789人に上りました。

会場をExCeL Londonとして、共同出展費用は1ブースあたり310,000円となります。申し込み先着順での受け付けとなり、基本的に1団体につき1ブースでの募集となります。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190614_2.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。