前年同月より3.7%増加!JNTO「5月の訪日外客数」発表

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

前年同月比3.7%増加

日本政府観光局JNTO)は、6月19日に訪日外客数を発表しました。5月は前年同月より3.7%増加、市場別では欧米豪が好調な伸びを記録しています。

JNTO・5月の訪日外客数

JNTO・5月の訪日外客数

訪日外客の全体数277万3,000人

2019年5月の訪日外客数は、前年同月比3.7%増で277万3,000人、前年同月267万5,000人から約10万人上回り、5月としては過去最高を記録しています。

内訳は東アジアが71.2%、東南アジア12.2%、欧米豪が12.8%。昨年と比較すると東アジアが微減、それに代わり欧米豪市場が前年同月を上回る伸びを示しました。

5月は欧米豪が堅調な伸びを記録

国・地域別では、中国が75.6万人、前年同月比13.1%増で5月としては過去最高となりました。訪日旅行商品の価格高騰があったものの、新規就航や増便で需要が伸びました。東南アジアではマレーシアが前年同月比17.0%の増加です。

豪州は前年同月比16.8%、米国11.8%、カナダ12.4%の増加。欧州各国もすべてプラスの中、ロシアは前年同月比30.2%と大きく増加しました。新規就航や増便に加え、企業によるプロモーション効果が理由に挙げられています。

一方で韓国が60.3万人で5.8%減少、韓国は海外旅行が多様化していることが原因の一つに挙げられています。台湾が42.7万人で3.1%減、香港18.9万人で0.8%の減少。東南アジアではシンガポール、インドネシアなどが減少しました。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに