2020東京オリンピック|特別連休出現、週末の決勝戦に終電は深夜2時半まで

2020東京オリンピック|特別連休出現、週末の決勝戦に終電は深夜2時半まで

東京2020の大会計画が、公式ホームページによって発表された2015年から約4年が経ち、各競技日程も決まり、来年に迫った開催まで待ちきれない人も多いでしょう。

開会式は7月24日(金)とされていますが、それ以前に開催される競技があることが意外に知られていません。

今回は開催期間中の競技日程とともに、気になる列車の交通量や渋滞についてもご紹介していきます。


東京2020オリンピック競技大会の開催期間

真夏に開催されるオリンピックのため、競技を行う選手はもちろん、観客にも十分な熱中症対策が必要になってきそうです。

7月24日から8月9日

計33の競技が7月24日(金)〜8月9日(日)まで行われます。開会式は7月24日の20時から予定されていて、午前中にもアーチェリーとボートが予定されています。この2種目が行われた後、20時からいよいよ開会式という流れです。

競技開始は開会式より早い22日から

開会式に先立って、女子ソフトボールが7月22日(水)が福島で開催されます。同じく女子サッカーも同日に試合が組まれており、札幌、宮城、東京でプレイボールとなります。開会式前日に当たる23日にも同競技が継続して行われ、本格的なメダルイベントへと移行していきます。

各種目の日程は?

野球・ソフトボール・サッカーの3つの競技が開会式に先立って開催され、最初のメダルイベントとなるのが「射撃女子10mエアライフル」です。また多くの観客と視聴者が見込める8月1日・2日の週末には、「柔道混合団体」や男子サッカーの準々決勝が開催されます。

競技日程

開会式   

7月24日国立競技場

サッカー

7月22日〜8月8日

国立競技場・札幌ドーム・宮城スタジアム・茨城カシマスタジアム・埼玉スタジアム2002・横浜国際総合競技場

柔道  

7月25日〜8月1日

日本武道館

アーチェリー

7月24日〜8月1日

夢の島公園

ボート  

7月24日〜7月31日

海の森水上競技場

フェンシング  

7月25日〜8月2日

幕張メッセ

バドミントン  

7月25日〜8月3日

武蔵野の森総合スポーツ施設

テニス  

7月25日〜8月2日

有明テニスの森

ウエイトリフティング  

7月25日〜8月5日

東京国際フォーラム

ビーチバレー  

7月25日〜8月8日

潮風公園

バレーボール  

7月25日〜8月9日

有明アリーナ

ハンドボール  

7月25日〜8月9日

国立代々木競技場

バスケットボール  

7月25日〜8月9日

さいたまスーパーアリーナ・青海

ボクシング  

7月25日〜8月9日

両国国技館

射撃(ライフル)  

射撃(クレー) 

7月25日〜8月3日

7月26日〜8月1日

陸上自衛隊 朝霞訓練場

馬術(総合馬術) 

馬術(馬場馬術) 

馬術(障害馬術)

7月31日〜8月3日

7月25日〜7月29日

8月4日〜8月8日

馬事公苑・海の森クロス カントリーコース

体操(体操)

体操(トランポリン)

体操(新体操) 

7月25日〜8月4日

7月31日〜8月1日

8月7日 〜8月9日

有明体操競技場

水泳(競泳) 

水泳(飛込) 

水泳(アーティスティック) 

7月25日〜8月2日

7月26日〜8月8日

8月3日〜8月8日

オリンピックアクアティックスセンター

水泳(水球)  

7月25日〜8月9日

東京辰巳国際水泳場

水泳(マラソン10km)  

8月5日〜8月6日

お台場海浜公園

自転車(ロードレース)   

7月25日〜7月29日

富士スピードウェイ

自転車(トラック)  

8月3日〜8月9日

伊豆ベロドローム

自転車(BMX)  

7月30日〜8月2日

有明BMXコース

自転車(MTB)  

7月27日〜7月28日

伊豆マウンテンバイクコース

レスリング  

8月2日〜8月8日

幕張メッセ

ホッケー  

7月25日〜8月7日

大井ホッケー競技場

セーリング  

7月26日〜8月5日

江の島ヨットハーバー

カヌー(スラローム)  

7月26日〜7月31日

葛西臨海公園隣接地

カヌー(スプリント)  

8月3日 〜8月8日

海の森水上競技場

ラグビー  

7月27日〜8月1日

東京スタジアム

卓球  

7月25日〜8月7日

東京体育館

ゴルフ  

7月30日〜8月8日

霞ケ関カンツリー

陸上(トラック)  

7月31日〜8月9日

国立競技場

陸上(競歩)  

7月31日〜8月8日

皇居外苑

陸上(マラソン女子)  

陸上(マラソン男子)

8月2日

8月9日

国立競技場

トライアスロン  

7月27日〜8月1日

お台場海浜公園

テコンドー  

7月25日〜7月28日

幕張メッセ

近代五種  

8月6日〜8月8日

東京スタジアム・武蔵野の森総合スポーツプラザ

野球・ソフトボール

 7月22日〜8月8日 

横浜スタジアム・福島あづま球場

空手  

8月6日〜8月8日

日本武道館

スポーツクライミング  

8月4日〜8月7日

青海アーバンスポーツ会場

スケートボード  

7月26日〜8月6日

有明BMXコース

サーフィン  

7月26日〜7月29日

釣ヶ崎海岸

閉会式   

8月9日

国立競技場

大会期間どんなことがある?

オリンピック大会中の週末は「スーパーサタデー」「ゴールデンサンデー」と銘打ち、人気競技やトーナメント制で争われる競技の決勝戦を集中させています。

最終日の8月9日には男子マラソンを組み込み、大会のフィナーレを飾るにふさわしい盛り上がりを見せそうです。

開会式前後4連休、閉会式前後は3連休

日本国民に広くオリンピックを楽しんでもらう措置として、政府は2020年に限り休日を移動させました。

本来7月20日(月)にあたる海の日は、23日(木)の日に移動。24日(金)は10月第二月曜日である「体育の日」を改め「スポーツの日」とし、7月23日〜26日までを4連休としました。

また、8月11日(火)の「山の日」も10日(月)に移動させることによって8月8日〜11日までが3連休になっています。

祝日を1年限りで移動させるのは、1948年に祝日法が施行されてから初めてのことであり、観光客の増加や首都圏の混雑に対応するための処置が狙いです。

ただし、この対応は首都圏では歓迎されている一方、地方からは「首都圏だけに適用し、全国にまで適用するべきではない」と怒りの声も上がっています。また「学校や会社が休みになっただけで交通機関の混雑は緩和されない」など、政府の対応が疑問視されています。

終電の時間が2時半に!

オリンピックが開催されることによって、交通機関を利用する人が1割弱増えると予想されています。

加えて競技によっては終了予定時刻が23時に迫るものもあり、早朝だけではなく、深夜まで電車を利用する人が出てくることが予想されます。

この問題に対処するために、JRや大手私鉄19社が列車の増発、深夜運行を検討しています。山手線・都営地下鉄では深夜2時、その他の路線でも深夜1~2時台までの運行を予定しているようです。

ただ、オリピックの開会式・閉会式が行われる7月24日深夜から8月9日深夜までの運行であり、パラリンピック期間中は深夜運行が予定されていません。

・列車の増発

 銀座線、有楽町線、南北線では、競技スケジュールに合わせて早朝・日中・夕夜間・深夜時間帯に増発

・終電の繰り下げ

 東京メトロ線全線にて終電の時間を遅くする対応をし、最終電車到着時刻は、
銀座線 浅草駅(浅草方面)26時~26時30分
銀座線 渋谷駅(渋谷方面)26時~26時30分
丸ノ内線 方南町駅(荻窪・方南町方面)25時30分~26時
丸ノ内線 荻窪駅(荻窪・方南町方面)26時~26時30分
丸ノ内線 池袋駅(池袋方面)26時~26時30分 などになる予定です。

交通渋滞解消はできるのか?

首都圏で1日の通勤通学の鉄道利用者はおよそ790万人と推定されています(中央大学田口東教授によるシュミレーション)。オリンピック期間中はこれに10%が加算されると言われ、利用者は870万人程度

列車の増発や深夜運行で十分に対処できそうな数字ですが、問題は競技場の最寄駅にあります。

増加率は10%程度にとどまるものの、最寄駅には利用客が2倍に膨れ上がり、さらに競技場が分散しているため、乗り換え駅にも人が集中する事態になるでしょう。

同じように東京駅や新宿駅といった「ハブステーション」も朝のラッシュアワーから混雑することを避けられないようです。

こういった事態に対して、政府は2019年7〜8月に渋滞対策の総合テストを実施するとし、交通量削減の目標を10%に定めました。

企業・団体にも出社の必要がないテレワーク(在宅勤務)の推進や時間差出勤を行うように呼びかけています

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催、要は「交通機関」

東京オリンピック競技大会組織委員会では「コンパクトな五輪」をコンセプトに掲げてきましたが、結果として競技場は分散しています。こうした状況で、交通機関の渋滞緩和が最も大きな課題となると見られています。

開催期間中の週末に競技場での観戦を予定している地方在住者であれば、いかに渋滞を避けた計画を立てられるかが鍵になってきそうです。



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!