過去最高!沖縄県「入域観光客統計概況」5月は国内需要が増加!

過去最高!沖縄県「入域観光客統計概況」5月は国内需要が増加!

沖縄の観光客は総数834,900人

沖縄県は6月26日、令和元年5月の「入域観光客統計概況」を発表しました。5月の観光客数は834,900人、5月としては過去最高を記録しています。

5月の「入域観光客統計概況」

5月の「入域観光客統計概況」

海外からは台湾が35%

2019年5月の観光客数は834,900人。前年同月は830,900人で4,000人増加しました。国内客数は566,500人で昨年の541,600人を上回り、一方外国客は268,400人で昨年の316,300人を下回りました。

観光客を地域別に見ると、国内客で多いのは東京方面からで253,300人。全体の45%を占めています。関西方面からは131,300人で23%となっています。

外国客では、台湾が94,900人で全体の35%。続く中国本土は49,700人で19%、韓国は45,600人で17%、香港が22,100人で8%です。そのほかアメリカ、タイ、シンガポールからの観光客がそれぞれ1%となっています。

6月は国内外の需要高を分析

国内客は、5月はゴールデンウィーク、それに伴う増便などで増加しました。6月は航空会社の先行割引航空券やダイナミックパッケージの販売が安定していることから、堅調な推移が見込まれています。

外国客は、旅行商品の高騰とクルーズ船の就航減少で前年より減少しました。6月は、それぞれの国で航空路線の拡充、クルーズ船の就航回数増加が予定されており、好調な増加傾向が予想されると報告しています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

沖縄県
https://www.pref.okinawa.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。