2018年度の外客コース利用者数7万超!はとバスが2018年度の東京観光利用者数を発表

2018年度の外客コース利用者数7万超!はとバスが2018年度の東京観光利用者数を発表

東京観光利用者数848.677名

株式会社はとバスは7月11日、2018年度の東京観光利用者数が848,677名と発表しました。これは東京観光コース777,757名と、訪日外国人向けの英語・中国語外客コース70,920名の合算です。

なおここで言う2018年度は一般の2018年度とは異なり、はとバス会計年度2018年7月1日~2019年6月30日のことを指します。

2018年度はとバス東京観光利用者数内訳

2018年度はとバス東京観光利用者数内訳

台風で東京観光コースの利用者減少

2018年度の東京観光コース利用者数は777,757名(前年比93.6%)であり、前年よりも減少しました。

2018年、西日本豪雨・台風・北海道地震などの自然災害が相次いだのは記憶に新しいところです。はとバスにおいても、9月に発生した台風21号・24号の影響で東京観光コースの運休を余儀なくされ、9月の利用者数は60,683名(前年比89.4%)と落ち込みました。

一方、ゴールデンウィークは10連休となり、その期間の利用者数は68,164名(前年比 155.5%)と好調でした。

日光や富士山方面行きの外客コースが人気

2018年度の外客コース利用者数は70,920名(前年比91.6%)と、こちらも減少となりました。訪日外国人の増加に伴い、外客コースの利用者数も2015年度までは伸びていましたが、以降は減少傾向が続いています。

この減少傾向について、訪日リピーターの増加やニーズの多様化などにより、都内の定番スポットを巡るバスツアーの需要が低下していると同社は分析しています。

一方、都内から離れた日光や富士山方面の外客コースは好調であり、利用者数は25,643名(前年比124.1%)でした。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

(画像はプレスリリースより)

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社はとバス プレスリリース
https://www.hatobus.tokyo/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。