JNTOが2019 年度「国際会議誘致・開催貢献賞」の推薦を募集

JNTOが2019 年度「国際会議誘致・開催貢献賞」の推薦を募集

国際会議の誘致・開催のベストプラクティスを選出・表彰

日本政府観光局(以下、JNTO)は7月12日、2019 年度「国際会議誘致・開催貢献賞」の推薦を募集すると発表しました。

JNTOは、国際会議の誘致・開催のベストプラクティスを選出・表彰する「国際会議誘致・開催貢献賞」を設けています。今回は、2018年4月1日から2019年3月31日にかけて誘致決定、若しくは開催が終了した国際会議を対象とし、その功績・努力を称えるため、各方面から推薦・募集を7月16日より行っていく予定です。

「国際会議誘致・開催貢献賞」

「国際会議誘致・開催貢献賞」

「IME2020(国際 MICEエキスポ)」で表彰も

2019 年度「国際会議誘致・開催貢献賞」では、日本を含む3カ国以上の国籍で、参加者総数50人以上、開催期間が1日以上であることを条件に、「国際会議誘致の部」と「国際会議開催の部」に分けて、受賞団体を選定。

受賞団体は、2020年2月に開催の「IME2020(国際 MICEエキスポ)」で表彰され、JNTOのウェブサイトやプレスリリースで公表するなど、広報活動にも活用される予定です。応募方法の詳細などについては、近日発表されます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190712_2.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。