4月-6月のインバウンド消費は1兆2,810億円で過去最高!

公開日:2019年07月18日

訪日外国人消費動向調査を発表

観光庁は7月17日、「訪日外国人消費動向調査」の4-6月期を発表。インバウンド消費は前年同期比13.0%増で過去最高額となりました。

訪日外国人消費動向調査 4-6月期

訪日外国人消費動向調査 4-6月期

2019年上半期でも過去最高を記録

2019年4-6月期の訪日外国人の旅行消費額は、1兆2,810億円。前年同期比で13.0%増、2019年上半期では2兆4,326億円で、いずれも過去最高を記録しています。

国籍・地域別に見ると、中国は4,706億円で全体の36.7%。次いで台湾が1,457億円で11.4%、韓国が1,227億円で9.6%、米国が946億円で7.4%、香港が904億円で7.1%となっています。前年と比較すると、欧米豪や東南アジアの消費が増加傾向にあります。

費目別に見ると、宿泊費が3,729億円で全体の29.1%、飲食費が2,703億円で21.1%、買物代が4,689億円で全体の36.8%を占めています。交通費1,263億円、娯楽等サービスが424億円となりました。前年と比較すると、買物代が1.7ポイント増加しています。

1人当たりの支出は15万6,670円

訪日外国人1人当たりの旅行支出額の推計は、15万6,670円で前年同期比7.8%の増加。1人当たりの消費が高いのは、中国・英国・オーストラリア・フランスなど。

前年同期比ではタイ、フランスが増加。一方減少したのはオーストラリア・ロシア・スペイン・イタリア・ベトナム・韓国となりました。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000388.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。