JNTOが「ILTM Cannes 2019」においてジャパンブースの出展へ

富裕旅行を取り扱う旅行業界関係者が集結するイベントに

日本政府観光局(以下、JNTO)が、フランス・カンヌで開催される「ILTM(International Luxury Travel Market)Cannes 2019」において、ジャパンブースの出展をする予定であると、7月26日に発表しました。

「ILTM Cannes 2019」は、欧米を中心に富裕旅行を取り扱う旅行業界関係者が集結するBtoB商談イベントで、世界の富裕旅行業界においても、最大規模かつ最も権威のあるものです。

JNTOは、同イベントにVJ(ビジット・ジャパン)事業の一環として、ジャパンブースの出展を予定。共同出展参加者の募集を8月9日まで行います。

「ILTM Cannes 2019」

「ILTM Cannes 2019」

メディアのキーパーソンやバイヤーとネットワーキングも

12月2日から5日の4日間にわたって行われる同イベントでは、世界各国からおよそ1,800社のバイヤー、およそ200社のメディアのキーパーソンが集まる予定で、ビジネス商談はもちろん、ネットワーキングもできる機会となります。

共同出展参加費用は、税込み800,000円。JNTOの専用申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール送信することで申し込みが完了。ILTM主催者による審査のもと、出展参加の可否が決定されます。

(画像はJNTO ホームページより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190726_5.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。