「#好きです韓国」「#好きです日本」SNSで拡散:日韓関係、意外な市民の声とは

日本政府の韓国に対する輸出管理強化措置が始まっています。韓国の文大統領は、日本の対応は経済報復だとして非難しています。不買運動や旅行者の減少など、日韓関係の冷え込みが進む中、Twitter上で2つのハッシュタグが注目を集めています。

冷え込む日韓関係に声を届けたい

1つ目のハッシュタグは、「#좋아요_한국(チョアヨハングク)」です。直訳すると 「#好きです_韓国」という意味になります。このハッシュタグを作ったのは、普段簡単な韓国語をツイートで紹介しているキソカンさん(@Kiso_Korean_bot)です。2.6万ものフォロワーがいる同氏は、後日韓国のメディアに応え「政治家の発言ではなく国民の声を届けたくて始めた」と話しています。

2つ目は「#좋아요_일본(チョアヨイルボン)」です。こちらは「#好きです_日本」という意味で、「#좋아요_한국」(好きです韓国)に応える形で韓国人が始めたハッシュタグです。

訳:日韓の感情が激しくなっている中、民間の交流は本当に大切です!「#좋아요_한국」(好きです韓国)ハッシュタグに日本の方たちが良い話をたくさん書いてくださりました!是非韓国の方も「#好きです_日本」で日本人との良い思い出などを書きましょう!

この2つのハッシュタグに始まり、現在は「#諦めないで_日韓交流」というハッシュタグなども使われています。これらのハッシュタグはこれまで両国を旅行した経験や自分が体験した印象的なエピソードと共に日本語、韓国語、英語でツイートされています。政府関係が冷え込む中、市民の間では温かいメッセージが交わされている様子がうかがえます。

韓国のニュースSBSでも話題に

このハッシュタグ運動の動きを、韓国の大手放送局SBSも8月5日のニュースで伝えています。

番組では、「#좋아요_한국(チョアヨハングク)」(好きです韓国)のハッシュタグは、30日に最初の1ツイートが投稿され、以降6日間で24,000件以上ものツイートが確認できると紹介しました。

訳:「#好きです_韓国」ツイート拡散…理由は?

▲SBS NEWSより(2019/8/5)

「好きです日本」には複雑な気持ちを示す人も

こうした一連の現象に対し、「#好きです_韓国」へ応えるハッシュタグとして「#諦めないで_日韓交流」を使いたいと述べる人物もいます。長く日本で暮らした経験もある韓国出身の女性@naminaminami86さんです。

彼女の韓国語の文章は、本人の許可を得てTwitterユーザーにより日本語に翻訳され、140文字に収まらないその文章は3枚のスクリーンショットの形でツイートされています。

「#好きです_韓国」のハッシュタグで「出てくるツイートは韓国の文化が好きな日本人ばかり」であることに複雑な気持ちになった彼女は、その理由は「韓国ではひとつの科目として習うことを、日本ではわずか1、2ページで習うだけだから」ではないかと考えており、日本と韓国では日本統治時代について感じている重みが全然違うと言います。そうした中で、「好きです日本」と表現することへの抵抗感を示しています。

同時に、政治的緊張のあるこんな時だからこそ、民間の交流は必要であり、何ができるかを考えたいというような形で文章を締めくくっています。

#좋아요_한국(#好きです_韓国)まとめ

#좋아요_일본(#好きです_日本)まとめ


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!