インバウンドのニーズに対応「トーキョーハイボール しそ梅風味」新発売

東京下町の大衆的な酒場で提供される人気テイスト

オエノングループの合同酒精株式会社は、8月19日、「元祖チューハイ」と呼ばれる味を再現した「トーキョーハイボール」に、「しそ梅風味」を新たにラインナップに加え、9月3日(火)から発売することを発表しました。

同社は、今年3月12日、「トーキョーハイボール」を発売。ドライなキレと、ほんのりとした梅の風味が特長で、アルコール分は9%と飲み応えのある商品でした。

トーキョーハイボール しそ梅風味

トーキョーハイボール しそ梅風味

インバウンドの好みに合う味とデザインを採用

これまで東京下町では、「元祖チューハイ」として、焼酎のソーダ割りに、梅などの風味をつけたお酒が、多くの人々に親しまれてきました。

今回新発売の「トーキョーハイボール しそ梅風味」は、しそ梅の甘酸っぱさと、飲みやすい味わいが特長のハイボール。パッケージは、しそ梅を思わせる薄紅色の背景に、東京下町の雰囲気を描きました。

新商品のアルコール分は6%。3月に発売した「トーキョーハイボール」に比べて、ライトなテイストに仕上げ、近年増加するインバウンドやお酒のトライアル層にも気軽に楽しめる味わいと飲みやすさを実現しました。

なお、新商品は、缶入りで、1缶350ミリリットル入り。参考小売価格は、1缶あたり143円(税抜き)で、全国に向け発売する予定です。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

合同酒精株式会社 プレスリリース
https://www.oenon.jp/news/2019/0819-1.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。